初期研修医募集
HOME | センター紹介 | 子どもメタボリックセンター

子どもメタボリックセンター

治療内容

子どもメタボリック支援センターでは、下記の治療を行っております。

  • 肥満対策教育(医師、看護師、管理栄養士)
  • 子ども肥満解消教室(夏休み期間を利用した5日間の教育入院)

肥満対策教育では、肥満やメタボリック症候群の子どもの栄養指導や運動指導を行っています。
栄養士による栄養指導も受けることが出来ます。

夏休みを利用した肥満の教育入院も行っており、短期間の入院でより詳しい食事療法、運動療
法のプログラムを組んでおり、退院後にも家庭で継続できるように工夫しています。

※詳しくは小児科外来までお問い合わせください。

検査・診断基準

検査方法

身体計測(身長、体重、腹囲、体脂肪率、肥満度)、血圧測定医師による診察、血液検査
(血糖、コレステロール、中性脂肪など)心電図検査、CAVI(動脈の硬さの測定)、ABI
(動脈の詰まりの有無)、超音波検査

診断基準

子どものメタボリック症候群の診断基準

ウエスト周囲 中学生 80 cm 以上
小学生 75 cm 以上
または ウエスト/身長:0.5以上

および以下のうち2つ以上

中性脂肪 120mg/dL以上
または
HDLコレステロール 40mg/dL未満
血圧 収縮期血圧 125mmHg以上
または
拡張期血圧 70mmHg以上
空腹時血糖 100mg/dL以上

受診方法

小児科外来に電話予約(午後2時から4時の間にお電話下さい)
学校から肥満健診票をもらっている場合には予約時にお伝え下さい。

スタッフ紹介

小児科医師、管理栄養士、小児科外来看護師、小児科病棟看護師、運動療法士(非常勤)

対象疾患

子どもの肥満、メタボリック症候群

治療実績

平成20年度子ども肥満検診の実績

男子 女子
受診者数(人) 60 37 23
小学生(人) 52 33 19
中学生(人) 8 4 4

検査結果(のべ数)

高脂血症(脂質異常症) 15
脂肪肝 13
高血圧 1
インスリン抵抗性 19

平成20年度 子ども肥満解消教室(肥満教育入院)
入院治療 計13人(男子10人、女子3人)

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ