初期研修医募集
HOME | センター紹介 | 心臓・血管センター

心臓・血管センター

業務内容

心臓・血管病への迅速で適切な医療を皆様に提供するために、
循環器内科医だけでなく病院内の各部門が共同、協力しチーム医療を行っています。

高度医療に不可欠な各種の補助循環装置やモニター類が完備された集中治療室では、
非侵襲的陽圧換気療法や低体温療法も積極的に取り入れ、急性心筋梗塞や重症心不全の
患者様に安全で最適な医療が行われています。

心血管インターベンションやペースメーカの植え込みといった急性期医療だけでなく、
再発予防に向けた心臓リハビリテーションや退院後のフォローアップ、地域との連携にも
力を注いでおり、チーム医療が威力を発揮しています。

患者様とのふれあいを大切にし、病気のお話や相談の時間を取り入れ、安心して
療養いただける環境を整えました。
心臓・血管病から身を守るために、専門スタッフによる心臓・血管センターを
お気軽に御利用下さい。

対象疾患

  • ・虚血性心疾患(心筋梗塞症・狭心症)>
  • ・心不全(心臓弁膜症・心筋症など)>
  • ・心臓リハビリテーション>
  • ・不整脈(心房細動・発作性頻拍)>
  • ・ペースメーカー治療(房室ブロック・洞不全症候群)>
  • ・肺血栓塞栓症・深部静脈血栓症>
  • ・閉塞性動脈硬化症・動脈瘤・大動脈解離>
  • ・高血圧症>

スタッフ紹介

役職 担当医名 資格・専門医
センター長
副院長
河瀬 吉雄 医学博士
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本高血圧学会指導医
日本超音波医学会専門医・指導医
心臓リハビリテーション指導士
大阪市立大学臨床教授
副センター長
部長
中村 泰浩 医学博士
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医
日本高血圧学会指導医
副医長 村田 恵理子 医学博士
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
医長 笠松 慶子 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
医長 松本 健嗣 医学博士
日本内科学会認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

治療実績

心血管インターベンション治療

2013年 2014年 2015年 2016年
冠動脈インターベンション 85例 51例 70例 72例
末梢血管形成術 3例 7例 18例 4例
ペースメーカー植え込み(新規) 3例 8例 16例 9例
下大静脈内フィルター留置 2例 4例 1例 2例

心血管インターベンション治療にも平成2年から取り組んでおり、継続して良好な成績を
修めています。平成20年より心臓リハビリテーションの設備を充実させ、施設基準をクリアーし
保険診療を開始しています。
心臓血管病の予後改善には生活・運動習慣の是正が大切であることにも注目し、患者様やご家族
向けの心臓血管病教室を定期的に開いて、各部門のメディカルスタッフが健康管理のアドバイスを
させていただいています。
(心臓血管病教室やリハビリ室での運動療法は外来診療としても行っていますので、御希望の方は
循環器内科外来にお越し下さい。)

設備紹介

  • ・心臓超音波装置
  • ・心肺運動負荷試験(CPX)装置
  • ・心臓リハビリ室:自転車エルゴメーター、レッグプレスマシン
  • ・血管造影装置
  • ・血管内超音波装置(IVUS)
  • ・320列マルチスライスCT
  • ・1.5T心臓MRI
  • ・心筋シンチ(QGSシステム)
  • ・大動脈内バルーンポンプ(IABP)
  • ・経皮的心肺補助装置(PCPS)
がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ