初期研修医募集
HOME | センター紹介 | 肝臓病センター

肝臓病センター

診療内容

  • C型慢性肝炎に対する経口剤治療
  • B型慢性肝炎に対するインターフェロン療法・核酸アナログによる治療
  • 肝細胞癌に対する治療(ラジオ波凝固療法、マイクロ波凝固療法、エタノール注入療法、動脈塞栓術、動注化学療法、放射線療法)
  • その他の肝疾患(脂肪肝、脂肪性肝炎、アルコール性肝障害、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、等)に対する診断および治療

(注)ラジオ波凝固療法については全身麻酔下での施行も可能ですので、ご希望の場合は気軽に相談してください

肝臓病は自覚症状が乏しいものの、徐々に進行し、最終的には肝硬変・肝癌に至る厄介な病気です。自覚症状が少ないため、気がつかない間に肝癌になってしまっていることも少なくありません。
従って、肝臓病の早期発見には健康診断が必要です。
健康診断によって肝機能と肝炎ウイルス(B型およびC型)を測定し、異常があれば
さらに精密検査をする事により、肝臓病の早期発見が可能です。

日本人は肝炎ウイルスを知らない間に持っている方が多いので、自分は大丈夫と思わず、一度検査してみることが重要です。
腹腔鏡による肝臓の写真を以下に提示しますが、徐々に進行する様子がわかります。

スタッフ紹介

役職 担当医名 資格・専門医
副院長
兼肝臓病センター長
坂口 浩樹 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
大阪市立大学臨床教授
内科部長 山田 孝雄 日本医師会認定産業医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
内科部長 藤本 俊輔 日本消化器病学会専門医
日本医師会認定産業医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医

診療実績

肝臓病センターの2015年1月~12月の実績は以下の通りです。

  • 血管造影下検査・治療 68例
  • ラジオ波焼灼術 34例
  • エタノール注入療法 14例
  • C型慢性肝炎に対する経口剤治療 70例

肝臓病センターは2010年4月に発足したばかりですので、まだ充分な実績はありませんが、肝臓病センター長の坂口浩樹は、大阪市立大学で以下のような実績を有しています。

  • 経皮的肝生検 2100例
  • エタノール注入療法 1500例
  • 経皮的マイクロ波凝固療法 100例
  • 経皮的ラジオ波凝固療法 200例
  • 腹腔鏡下肝生検 1100例
  • 腹腔鏡下マイクロ波凝固療法130例
  • 腹腔鏡下ラジオ波凝固療法 40例
  • 腹腔鏡下肝切除 9例
  • 肝嚢胞ドレナージ 20例
  • 経皮経肝胆管ドレナージ 30例

設備紹介

  • 腹部超音波
  • 血管造影装置
  • 320列マルチスライスCT
  • 16列マルチスライスCT
  • 1.5TMRI
  • クールチップ(ラジオ波凝固療法)
  • マイクロターゼ(マイクロ波凝固療法)
がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ