初期研修医募集
HOME | 病院のご案内 | 病院長あいさつ

病院長あいさつ

平成25年4月より病院長を拝命いたしました村上城子でございます。当院は平成26年4月から医療法人徳洲会を指定管理者とする公設民営体制に移行しました。公設公営の長所を残しながら、民間の優れた経営手法も取り入れて、持続可能な病院運営を目指しております。

このたび基幹型臨床研修病院に再指定されました。平成29年度から初期研修医を募集し、平成30年度から初期研修が始まります。
当院は平成30年春に現病院から南東に500m離れた場所に移転します。現在建築中の新病院は大規模地震にも充分に耐えうる最新の免震構造であり、充分に広い敷地面積に8階建て、307床の陣容で年末には完成予定です。緑溢れた公園に隣接しているためガーデンホスピタルとも言えるでしょう。

新病院ではがんを中心とした専門医療と急性期医療を二本柱として、地域の皆さまに信頼される医療に努めてまいります。多数の新しい医療機器が備えられる予定です。とくに次世代の放射線がん治療機器としてトモセラピーの導入が決定しています。正常部位への影響が極めて少ないため、副作用が少なく患者さんにやさしいがん放射線治療が行えるようになります。

平成29年度は常勤の消化器内科(内視鏡チーム)と泌尿器科の専門医が赴任し、腫瘍内科医もさらに充実しました。平成30年度には複数の診療科を新たに開設する予定です。

医療法人徳洲会のなかでも特に岸和田徳洲会病院とは密に連携、協力関係を構築しております。診察券は岸和田徳洲会病院と共通化し、両病院間でバス運行も行い、それぞれの強みを活かした診療体系を取っています。

職員は誠心誠意診療に従事することで、和泉市を中心とした泉州地区の皆さまの健康を守り、自治体開設の病院としての責任を果たしていく所存でございますので、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

平成29年4月

病院長 村上城子

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ