初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 整形外科

整形外科

診療内容・特徴

当院の診療の中心は関節外科・脊椎外科・外傷外科です。
それぞれの分野に精通した医師が業務を分担して診療を行っています。

関節外科では従来から股関節、膝関節に対する人工関節置換術を積極的に行ってきました。
さらに多くの患者様に安心して手術をうけていただけるように、平成21年4月に人工関節
センターを開設しました。高齢、内科疾患、技術的に困難などの問題があっても可能な限り
手術を行う”断らないセンター”を目指しています。
詳細については、センター紹介を供覧してください。

股関節、膝関節の手術ともに大部分の症例で小侵襲に心がけています。
また、人工股関節置換術では通常自己血貯血1回で輸血を回避しています。
人工膝関節置換術においてドレーンクランプ法と呼ばれる手術後の出血対策を行っており、
手術前の貯血を行うことなく全例で輸血を必要としていません。
また、術後の痛みが軽くなるような対策(硬膜外麻酔、大腿神経ブロック、局所麻酔剤の
カクテル療法)を行っています。

脊椎外科においては平成24年9月に脳神経外科と共同で脊椎外科センターを開設しました。
頚椎から腰椎まで種々の疾患に対し幅広く対応しています。
低侵襲な手術も導入しており、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症では内視鏡を使用する
方法も行なっております。
傷も小さく手術翌日から歩行でき、術後3日ほどで退院も可能です。
外傷外科では早期の家庭、社会への復帰を目指して手術を行っています。

対象疾患

関節疾患 :変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死
脊椎疾患 : 頚椎及び腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭管症、頚髄症、
  腰椎(変性・分離)すべり症、脊椎腫瘍、化膿性脊椎炎
スポーツ障害 : 膝半月板損傷、膝十字靭帯損傷、アキレス腱断裂
手の外科 : 腱損傷、神経麻痺
四肢外傷 : 骨折、脱臼、靭帯損傷

治療実績

手術件数(平成27年)

人工関節置換術200件、脊椎手術104件、 外傷手術99件、その他85件、計485件です。

設備紹介

CT、MRI、超音波、骨塩定量、核医学検査

外来診察担当医表

備考
午 前
(整形
外科)
岸村※1
中川※2
森田※3
森田※2
鍵山※4
柴田※5
江川※1
溝川※3
岸村※3
非常勤医※1
江川※5
柴田※1
溝川※3
午 後
(整形
外科)

受付時間:午前8時~午前11時
※1 初診  ※2 初診・予約  ※3 予約紹介のみ  ※4予約のみ  ※5予約

整形外科初診の方は地域連携室からの予約か、当日紹介状を持参ください。当面は紹介状のない方でも当日枠が空いている場合は対応します。受信者数・救急患者対応状況によって後日予約の診察になることがあります。

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ