医療用HAL特設ページ

HAL®の仕組み

「歩きたい」と考える

人が身体を動かすとき、まずは脳でその動作を考えます。
考えることで脳は神経を通して必要な信号を筋肉へ送り出します。

信号を受け取り筋肉が動く

脳から送られた信号を、それぞれの筋肉が受けることで、考えた動作に合わせて筋肉を動かすことができます。

HAL®が信号を読み取る

HAL®は皮膚に貼り付けたセンサーから、神経を通じて筋肉へ送られた信号生体電位信号を読み取り、装着者がどのよう動作をしたいと思っているのかを認識します。

意思にしたがってHAL®が動く

医療用HAL®は認識した医師情報に基づき、装着者の意思に従った動作を実現します。

脳が動きを学習する

医療用HAL®を用いて正しい動作を適切にアシストすることで、脳神経の繋がりが強化・調整され、身体機能の改善が促進されます。


医療用HAL®治療の対象になる方

神経難病で、下記の診断がなされている方は、健康保険で治療が受けれます。

  1. 脊髄性筋萎縮症
  2. 球脊髄性筋萎縮症
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. シャルコー・マリー・トゥース病
  5. 遠位型ミオパチー
  6. 封入体筋炎
  7. 先天性ミオパチー
  8. 筋ジストロフィー

脳卒中後遺症などで歩行障害がある方は、自費診療で治療が受けれます。

  1. 脳卒中後遺症
  2. 脊髄炎後遺症
  3. パーキンソン病やパーキンソン病類縁疾患
  4. 交通事故や事故などによる脊髄損傷などによる歩行障害
  5. 痙性対麻痺
  6. その他神経障害による歩行障害の方

※HAL®の治療には条件があります。下肢障害による歩行障害があり、HAL®の装着が可能な体形の方です。寝たきり状態などの重度の障害や呼吸困難が強い方などの場合、使用できない場合があります。診察にてHAL®治療の可否について判断いたします。

治療の流れ

  1. 1. HAL®治療を希望される方は、主治医から紹介状が必要です。主治医の方と相談の上、当院地域連携センターで診察予約をお願いします。
  2. 2. 脳神経内科診察にて、HAL®治療の適否、治療の可能性などについて診察を行い、患者様の希望を聞きながら相談・説明いたします。
  3. 3. 神経難病でHAL®治療の場合には、入院あるいは外来通院での治療が可能です。通常、入院でのHAL治療で治療効果を判断します。また外来通院でもHAL®治療可能です。
  4. 4. 脳卒中後遺症など自費診療でのHAL®治療希望の方は、原則外来通院での治療になります。費用や外来通院などについて診察の際に説明いたします。

リハビリテーション部へ