初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 臨床工学科

臨床工学科

紹介

臨床工学技士とは医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う職業です。
医学の進歩に伴い、医療機器もまた発展してきました。機械を扱うにあたり医学的、工学的な知識を持つ専門職が必要となったために1987年に作られた、まだ歴史の浅い資格です。
しかし、今後も進化していく医療にとって、なくてはならない職業ともいえます。人の呼吸、循環又は代謝の機能の一部を代替する機器を操作するスペシャリストとして様々な分野において活躍しています。

就業時間

8:30~17:00

※オンコール体制

業務内容

※当科では、下記の業務を行っております。

血液浄化業務
急性期治療として続的血液濾過透析法(CHDF)、血漿交換法(PE)、直接血液灌流法(DHP)の施行を行っております。
使用機器:Plasauto iQ21
腹水濾過濃縮再静注法(CART)
病棟にて摘出した腹水を濾過濃縮して患者様に返します。
心臓カテーテル検査
当院では臨床工学技士は清潔介助と外回りの業務をしています。
清潔介助者は冠動脈造影(CAG)時や経皮的冠動脈インターベンション(PCI)時にセカンドまたはサードとして医師の横で治療が円滑にすすめるようにサポートをしています。外回りの業務はポリグラフ、IVUSの操作、物品の清潔出しなどを行います。
またIABP、PCPSの保守管理、使用時における機器操作や患者様の管理も行います。
ペースメーカ関連業務
体外式ペースメーカ挿入時の操作を行います。
植込み型ペースメーカではペースメーカ外来やペースメーカ植え込み時のプログラマの操作も行います。
業者との連携をとり患者様一人ひとりに合った設定をできるように日々努力しています。
オペ室関連業務
麻酔器などの手術機器の日常点検をしています。
また自己血回収装置の使用時にはオペ室にて使用管理をし、オペ室スタッフとの連携をとり業務を行っています。
人工呼吸関連業務
日常点検、定期点検の実施や挿管時における介助などを行っています。
当院ではザビーナ、ザビーナ300、ベネット840、BiPAP vision、ネーザルハイフローを使用しています。
またRTXといった体外式人工呼吸器を使用し、小児から成人における使用管理を行っています。
睡眠時無呼吸検査(簡易PSG)、在宅人工呼吸器導入準備
簡易PSGを用い睡眠時無呼吸検査をして患者様の睡眠時における呼吸状態の確認をします。
検査結果によって、CPAPの導入指導を行います。また、心不全の患者様にはASVの導入指導などをしています。
ラジオ波焼灼療法
ラジオ波焼灼療法とはラジオ波という高周波を利用して肝臓にできた腫瘍を死滅させるために行う治療です。
臨床工学技士は術中の機器操作を行います。

医療機器安全管理

・機器を安全に使用するためには点検は欠かせません。現在当院では輸液ポンプ、シリンジポンプ、 低圧持続吸引器、人工呼吸器等の中央管理を行い、機器管理室にて保守点検の実施と記録保存をし、 安全な機器を病棟にて使用してもらうために日々努力をしています。
また不具合の際の対応、 メーカとの連携(代替器準備)などMEが一貫して行うようにしています。

・医療機器に関する安全情報収集、院内スタッフへの提供、また医療機器修理、購入の申請 など医療機器安全管理における仕事は山ほどあります。

院内活動

  • 医療安全管理委員会、医療安全研修会
  • クリニカルカンファレンス関連研修会
  • 急変時対応・一斉訓練準備会参加、新採用職員研修
  • 潜在看護師看護技術研修

院外活動

  • 学会での演題発表、参加
  • 自己研鑽(認定士取得、講習会参加)
  • 技士会活動
がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ