初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 薬剤部

薬剤部

薬剤部では、患者さんに安全で適正な薬物療法を受けていただくため、チーム医療における「薬の専門家」として、医師や看護師などの医療スタッフと連携を取り、薬剤の調剤、医薬品の管理、供給、医薬品情報の収集や提供、服薬指導など様々な薬剤業務を行っています。
薬剤部で行っているこれらの業務について紹介します。

 

業務内容

■調剤業務

医師がオーダーした処方せんに基づいて、薬剤師が薬を調合する業務です。
医師が電子カルテに入力した処方について、薬剤師が薬の種類や量、飲み方、飲み合わせ等を確認し(処方鑑査)、必要があれば処方医に問い合わせ(疑義照会)を行ってから調剤を行います。その後、再び別の薬剤師が最終確認した後、患者さんに交付します。
当院では、医薬分業を実施しているため、外来の患者さまは、院外の薬局で調剤を受けていただいています。

■医薬品情報管理業務(Drug Information:DI業務)

お薬にはたくさんの情報があります。現在使用されているお薬でも、副作用などの多くの重要な情報が厚生労働省や企業から提供されます。
DI業務とは、これらの医薬品情報を収集整理し、患者さんや医療スタッフに提供する業務で、お薬が安全かつ適正に使用されるために重要な業務です。
当院では、薬の大切な情報が書かれている添付文書の情報が、電子カルテ上で何時でも見ることができるようにしています。

■薬剤管理指導業務

入院患者さんに使われているお薬の内容や副作用について、薬剤師が説明を行うとともに、薬学的な管理を行う業務です。
薬剤管理指導業務で得られた情報を他の医療スタッフと共有することで、効果的で安全な薬物治療が行われるように努めています。

■医薬品管理業務

薬が最適な状態で適正に使用されるよう有効期限や品質のチェックを常に行っています。また、法律の規制のある薬品については、その法に従った管理が病院中で行われるよう指導を行なっています。
必要で適正な新薬を採用するために、医師、薬剤師、看護師、事務のメンバーで構成された会議(薬事委員会)を、最新の情報を集めて作成した資料を基に、定期的に行っています。

■製剤業務

主に市販されていない薬品の調製を行います。特定の患者にとって治療上必要不可欠な特殊製剤なども調整し、医療に貢献しています。

■チーム医療

薬の専門家としてICT(感染制御チーム)やPCT(緩和ケアチーム)、NST(栄養サポートチーム)、化学療法、心臓病教室の一員として活動しています。

■治験薬管理業務

製薬会社で開発された新しい薬の候補について、人において効き目(有効性)や副作用(安全性)を調べるために、患者さんの協力のもと臨床試験(治験)が行われます。薬剤部(臨床治験センター)では、正しく臨床試験(治験)が行われるようサポートするとともに、治験薬の管理等も行っています。

治験・臨床研究・製造販売後調査のご依頼に関しては、未来医療研究センターへお問い合わせ下さい。

■抗がん剤調製業務

安全で適正な抗がん剤を患者さんに提供するため、薬剤師が抗がん剤処方(レジメン)のチェックや、投与量、投与間隔の確認を行い、2人の薬剤師が確認しあいながら安全キャビネットの中で抗がん剤の調製を行なっています。

■教育・研修業務

  • 学生実習の受け入れ

    薬学生の5年次の実務実習や、1年次の早期体験学習の受け入れを行っています。

  • 職員の研修

    院外で行われている研修会や学会、院内で行われている勉強会やカンファレンスに積極的に参加して、専門薬剤師などの資格を取得しています。

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ
tml>