薬剤部

薬剤部では、患者さまに安全で適正な薬物療法を受けていただくために、「薬の専門家」として、専門的知識の修得と技術の向上に努め、チーム医療の一員として、医療スタッフと連携を取り、薬剤の調剤、医薬品の管理、供給、医薬品情報の収集や提供、服薬指導など様々な薬剤業務を行っています。また、外来窓口や入院病棟で、患者さまに質の高い服薬指導が行えるように日々研修しております。
お薬に関してご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

業務内容

調剤業務

医師からの処方箋に基づき、薬剤師が薬を調合する業務です。薬剤師が、お薬の種類や量、飲み方、飲み合わせ等を確認し(処方鑑査)、必要があれば処方医に問い合わせ(疑義照会)を行い、お薬が安全で有効に使用されているかをチェックし、調剤を行います。
当院では、医薬分業を実施しているため、外来の患者さまは、院外の薬局で調剤を受けていただいています。

医薬品情報管理業務(Drug Information:DI業務)

お薬にはたくさんの情報があります。現在使用されているお薬でも、副作用などの多くの重要な情報が厚生労働省や企業から提供されます。
DI業務とは、これらの医薬品情報を収集整理し、患者さまや医療スタッフに提供する業務で、お薬が安全かつ適正に使用されるために重要な業務です。
当院では、お薬の大切な情報が記載されている添付文書の内容が、電子カルテ上で何時でも見ることができるようにしています。

薬剤管理指導業務

入院患者さまが使われているお薬の内容や副作用について、薬剤師が説明を行うとともに、薬学的な管理を行う業務です。
薬剤管理指導業務で得られた情報を他の医療スタッフと共有することで、効果的で安全な薬物治療が行われるように努めています。

製剤業務

主に市販されていない薬品の調製を行います。特定の患者さまにとって治療上必要不可欠な特殊製剤なども調整し、医療に貢献しています。

抗がん剤調整業務

抗がん剤治療を受ける患者さまは、薬剤部で抗がん剤の混合調整を行います。抗がん剤治療を受けられる患者さまの注射薬の投与量、投与間隔などを薬学的にチェックし、無菌調整しています。
調整時には安全キャビネットや、調剤監査システムを導入することで、安全確実で清潔な調整を行うことができます。

チーム医療

薬の専門家として様々なチーム医療に参画しています。

ICT(感染制御チーム)
院内での感染制御を行うために、医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師で感染管理を行います。薬剤師は抗菌薬の効果を最大限生かし、副作用を最小限にとどめるために、TDMと投与設計を積極的に行い、抗生剤や消毒剤の適正使用の推進に活動しています。
NST(栄養サポートチーム)
患者さまの栄養状態の改善に努めることを目的に、患者さまの状態に応じた輸液、経腸栄養剤の投与に関するサポートを行います。
褥瘡対策チーム
入院中の患者さまに床ずれができないように、褥瘡の予防と治療を行います。薬剤による治療をサポートします。
PCT(緩和ケアチーム)
がんに伴う様々な苦痛の症状を緩和する目的で活動しています。痛みに対するサポートも行いますが、心の痛みに対しても寄り添い、患者さまとご家族の生活の質の向上をサポートします。
化学療法チーム
院内の抗がん剤治療を適正かつ安全に行うために、各種治療に対してレジメン管理を行っており、薬剤師もレジメンの審査に関わっています。
心臓病教室
循環器疾患の患者さまが、継続して治療に取り組んでいただけるように、月1回心臓病教室を開催しています。各疾患の簡単な病態を踏まえた上で薬物投与の目的や薬剤の説明を行い、継続して服用する事の重要性の理解と、アドヒアランス向上を目標とした指導を行っています。

教育・研修業務

学生実習の受け入れ
薬学生の5年次の実務実習の受け入れを行っています。
職員の研修
徳洲会グループの薬剤師養成研修会や、院外で行われている研修会や学会、院内で行われている勉強会やカンファレンスに積極的に参加して、専門薬剤師などの資格を取得しています。

未来医療研究センター