病理診断科

業務内容

当院では、病理診断を通じて各診療科へ迅速且つ正確に病理診断を報告し良質な医療を提供することに努めております。

病理診断とは

患者さまの病気の適切な治療のためには適切な診断が必要になります。
病理診断」が最終診断として大きな役割を果たす場合があります。

専門の病理医が病変から取られた組織や細胞を顕微鏡で観察し、「病理診断」をして主治医に報告しています。
病院に病理医がいることは、より良質の医療を提供することにつながります。

当院では、いち早くその必要性を認め、本館開設(昭和53年)と同時に病理科が設置されました。
現在までに各診療科に、正確な病理診断を迅速に報告できるようにスタッフ一同努力してきました。

病理診断の種類

細胞診断
痰や尿の中のがん細胞を顕微鏡で調べるのが細胞診断(いわゆる細胞診)です。
子宮がん検診では、子宮頸部や体部から細胞をこすりとって調べます。
甲状腺や乳房などにしこりがあると、針を刺して吸引し細胞をとります。
主に悪性かどうかの診断をします。
生検組織検査
胃・大腸や肺の内視鏡検査の際に病変の一部をつまみ取ったり、皮膚などのできものの一部をメスで切り取った組織を顕微鏡で観察します。
この検査を「生検(せいけん)」と言い、その診断を生検組織診断と呼びます。
どのような病変なのか、腫瘍であるのか、腫瘍であれば悪性かどうかの診断をします。
手術で摘出された臓器・組織の診断
摘出された臓器、組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を切り取り、臨床検査技師が顕微鏡標本を作製します。
この標本を病理医が顕微鏡で観察し、病変の種類、手術で取り切れているか、がんの場合、悪性度や進行の程度、転移の有無など、治療方針決定に役立つ情報を臨床医に提供します。
手術中の迅速診断
内視鏡で到達できない部位や、生検が難しく手術前に病理診断がつかない場合には、「術中迅速診断」を行います。
手術中に採取された病変から10分~15分程度で病理診断が行われます。
病変の種類、悪性かどうか、切除断端にがん細胞が残っていないか、転移はないかなどを調べ手術中に執刀医に連絡し、手術方針が決定されます。
病理解剖
ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さまのご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」です。
生前の診断が正しかったか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを検討します。
病理解剖の結果が蓄積されることによって、他の方法では得難い医学の進歩への貢献が期待されます。

業務実績

病理診断件数 病理迅速診断 細胞診件数 病理解剖
2013年 2410 117 5712 1
2014年 2094 66 3989 2
2015年 2469 83 4060 2
2016年 2378 84 3701 12

※病理診断科は診断業務以外にも、各科、各グループとの術前・術後の症例検討会、解剖症例の臨床病理検討会(CPC)などに積極的に関与し、また学会活動における臨床各科の要望にもできる限り協力しています。