心臓血管外科

患者さまへ

心臓血管外科は和泉市立総合医療センターの移転に合わせ、2018年5月に新設されました。

現在のところ、外来診療のみ(毎週月曜午前、隔週木曜午前)を行っており、手術に関しては、岸和田徳洲会病院で行っております。数年内には当院でも手術が行える体制を構築できるよう、調整中です。

岸和田徳洲会病院心臓血管外科は日本トップクラスの手術件数と実績を誇っており、一般的な心臓手術や大動脈ステントグラフト手術のほか、低侵襲心臓手術(MICS)も導入しております。また、循環器内科とも協力し、弁膜症に対する経カテーテル的手術も手掛けておりますので、心臓や血管の手術が必要といわれた方は、ぜひご相談ください。

主な対象疾患

対象となる疾患は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈弁や僧房弁などの弁膜症、大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患のほか、下肢静脈瘤や四肢の血流障害および透析用バスキュラーアクセスなどの末梢血管疾患も扱っております。

このような症状の方を診察しています

心臓疾患や大動脈疾患、末梢血管疾患で手術が必要といわれた方
運動時の息切れや胸部違和感のある方
歩行時に足が痛くなったり、だるくなるような方
足の血管がボコボコと浮き上がる下肢静脈瘤の方
他院を含め、心臓や血管手術を受けられた術後の方