看護師募集
初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | リハビリテーション科

リハビリテーション科

当科の特徴

術後のリハビリから緩和医療まで、各々の領域で専門性を生かした治療を行っております。
特に、急性期は発症、手術翌日からベッドサイドでの動作練習など、多くの疾患の患者様に携わり、身体の機能回復・維持に努めています。

当科のスタッフ

理学療法士13名 作業療法士5名 言語聴覚士3名 
看護師1名 クラーク1名

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション
運動器リハビリテーション
呼吸器リハビリテーション
心大血管疾患リハビリテーション
がんのリハビリテーション

対象疾患

リハビリテーション科の主な対象疾患は整形外科(人工関節置換術後や上下肢骨折後など)、呼吸器内科(間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患の急性増悪、誤嚥性肺炎など)、循環器内科(急性冠症候群、心不全など)、腫瘍内科(臓器にかかわらず化学療法目的や緩和ケア病棟終末期まで)、神経内科(神経難病疾患)、外科(腹部・胸部外科術後など)、脳神経外科(脳卒中、脳神経外科疾患など)と幅広く対応しております。

治療内容

理学療法

治療目的 整形外科・外科の手術後や内科疾患の急性期を中心に、早期離床と身体機能向上を目的に運動療法を実施しています。また、内科・外科治療中の機能低下予防など様々な疾患に対する理学療法を実施しています。
訓練内容
  • ・基本動作練習(寝返り・起き上がり・座位・立ち上がり・立位・歩行等)
  • ・関節可動域訓練・筋力増強訓練・持久力訓練・協調性訓練・全身調整訓練
  • ・呼吸・排痰訓練
  • ・手術後の早期離床の促進
  • ・物理療法(温熱療法等)

心臓リハビリテーション

治療目的 心筋梗塞・狭心症・心臓手術後の低下した体力を回復し、心臓病の再発を予防しながら質の良い生活を取り戻す為に、他職種とも連携をとり、急性期から維持期に至るまで包括的な心臓リハビリテーションを提供しています。
訓練内容
  • ・基本動作練習
  • ・エルゴメーターに(自転車漕ぎ)による運動強度・運動耐容能の改善
  • ・生活指導

ロボットスーツ HAL

治療目的 脳から筋肉へ流れる微弱な生体電位信号を、身体に装着されたセンサーが感知し「立つ」・「歩く」といった身体運動を支援します。緩徐進行性の神経・筋疾患(保険診療での適応と認められる神経難病には以下の8疾患に限られます。脊髄性筋萎縮症・球脊髄性筋萎縮症・筋萎縮性側索硬化症・シャルコー・マリー・トゥース病・遠位型ミオパチー・封入体筋炎・先天性ミオパチー・筋ジストロフィー)により歩行機能が低下された患者様に対し、身体・呼吸機能の維持・改善を目的に実施しています。
訓練内容 ・ロボットスーツ HALを装着しての歩行訓練

作業療法

治療目的 骨折等の整形外科疾患、脳血管疾患後の後遺症、肺炎を含む抗生剤治療後の体力低下を伴う様々な患者様に対し、退院後もスムーズに日常生活が行えるよう、運動機能の回復や動作の練習、環境調整等を行っています。
訓練内容
  • ・基本的能力訓練(運動機能・感覚機能の回復に向けた訓練、高次脳機能障害等の精神機能の訓練)
  • ・応用的能力訓練(日常生活動作・家事動作など)
  • ・環境調整(福祉用具等の評価・提案)、ご本人・ご家族への指導



言語聴覚療法

治療目的 急性期の脳血管疾患や呼吸器疾患を中心に、摂食嚥下障害や言語障害に対するリハビリテーションを実施しています。入院中の食事場面から患者様の症状に合わせより安全に食事を摂っていただける様、食事形態の提案や必要に応じて嚥下造影検査も実施しています。
訓練内容
  • ・食べる・飲み込む障害・・・摂食嚥下訓練
  • ・言語機能の障害・・・失語症や高次脳機能障害への訓練
  • ・話し言葉の障害・・・構音・発声障害への訓練、小児構音訓練


がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立総合医療センター 広報誌 健やかいずみ