がんセンター 口腔ケアチーム

口腔ケアチーム

がんにかかられた患者さんは、疾患による体への影響、手術・抗がん剤などの治療により、精神的身体的に大きな負担が体にかかり、その結果、抵抗力が落ちてしまいます。口腔内は非常に多くの細菌が生息しており、抵抗力の低下により口腔環境が悪化し、急性歯性感染症、口腔粘膜炎、顎骨壊死、歯周病の悪化など、さまざまな有害事象が発生しやすくなります。

また、口腔環境の悪化は、周術期や化学療法、放射線療法施行中の患者さんの摂食量の低下、誤嚥性肺炎、敗血症などの全身的偶発症の引き金になります。当チームは、適切な口腔機能管理を行うことにより、がん治療を最後まで円滑に遂行させることを目標としています。

口腔内評価

当該科よりご紹介を頂いた後、口腔内のチェックをさせて頂きます。状態の悪い歯は、事前に治療や抜歯をおすすめすることがあります。

口腔ケア

手術される患者さんは手術の前後に、化学療法をされる患者さんは定期的に専門的な口腔ケアを行っています。

地域歯科医院との連携

退院された患者さんや本院に通院が困難な患者さんには、かかりつけ歯科医院と連携をとり、必要な口腔ケア、治療をすすめていきます。

スタッフ構成
歯科医師:2名
歯科衛生士:3名
和泉市立総合医療センター外観

お問い合わせ

0725-41-1331

受付時間:09:00~17:00

〒594-0073
大阪府和泉市和気町4-5-1