がんセンター 褥瘡チーム

褥瘡チーム

褥瘡とは、長時間同じ姿勢でじっと座り、寝ている時間が長くなるために、臀部や腰、踵などの体重がかかる場所にできる傷のことです。 体力が弱って床に寝たきりになった時によくできることから昔から「床ずれ」とも呼ばれています。
がんなどの大きな病気にかかり、手術を受けたり抗がん剤治療をして、体力が弱って栄養状態が悪くなり、床で横になる状態が長くなったりすると褥瘡ができやすくなります。いったん傷ができると、さらに体力が落ち、傷の治療のための時間が必要になります。

そのため、がんの入院治療をおこなう時には、褥瘡を予防するための対策を行ったり、早期発見・早期治療する事が非常に大切です。当院では、入院患者さんの一番近くにいる看護師だけではなく、医師や栄養士、理学療法士が協力して、褥瘡チームとして病院全体で褥瘡に取り組んでいます。

活動内容

  1. 褥瘡発生のリスク評価:入院担当看護師が、入院時および入院中に褥瘡の危険因子リスクを評価して看護計画を立てる(日常生活自立度、病的骨突起や関節拘縮の有無、栄養状態、皮膚の皮膚湿潤状態、浮腫の有無)
  2. 褥瘡予防:皮膚・排泄ケア認定看護師のアドバイスのもと、体位変換と除圧に効果的なポジショニング、体圧分散寝具を用いた体圧分散ケア、排せつ物から皮膚を守るおむつ管理などのスキンケアを行う。
  3. 褥瘡治療:褥瘡チームで患者の診察・治療を行う。
    医師・看護師:褥瘡の重症度評価および治療、耐圧分散寝具やクッションを用いた除圧、体位変換やポジショニング、スキンケア 薬剤師:使用薬剤について指導
    理学療法士:日常生活自立度改善や拘縮予防のリハビリと同時に日常の移動や体位の工夫、改善 栄養士:栄養状態の評価、改善、NST(栄養サポートチーム)の介入
  4. 褥瘡回診(週1回)褥瘡チームで患者さんのベッドサイドを回診し、実地で褥瘡の処置を行い、予防対策をする。
  5. 褥瘡委員会(月1回)発生した褥瘡患者の確認、勉強会を行う
    スタッフ構成
    医師4名、看護師 12名、薬剤師 2名、栄養科 2名、理学療法士 2名

褥瘡発生率

2018年 2019年
4月 0.81% 4月 0.7%
5月 0.74% 5月 0.88%
6月 1.33% 6月 0.44%
7月 1.28% 7月 0.73%
8月 0.44% 8月 0.42%
9月 0% 9月 0.68%
10月 0.85% 10月 0.31%
11月 1.12% 11月 0.42%
12月 0.78% 12月 0.92%
1月 0.28% 1月 0.93%
2月 0.82% 2月 0.42%
3月 0.61% 3月 0.82%
和泉市立総合医療センター外観

お問い合わせ

0725-41-1331

受付時間:09:00~17:00

〒594-0073
大阪府和泉市和気町4-5-1