皮膚科

患者さまへ

皮膚疾患全般にわたり幅広く診察しております。湿疹・かぶれ以外の皮膚病が疑われる場合、皮膚生検を施行し、病理組織検査を行います。薬疹、食物アレルギー、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎等については、採血、パッチテスト、プリックテスト、チャレンジ試験などで、原因や悪化因子を検索します。難治性のアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、乾癬については、生物学的製剤を使用します。皮膚腫瘍は、ダーモスコピーという拡大鏡で腫瘍の確認を行い、皮膚生検やエコー、CT、MRIなどの画像検査を行って診断確認後、皮膚腫瘍切除術を施行します。皮膚感染症(蜂窩織炎、丹毒、帯状疱疹、褥瘡)は、入院点滴加療、切開排膿などの外科的処置を行います。

主な対象疾患

湿疹、皮膚炎(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎などのかぶれを含む)、蕁麻疹、薬疹、食物アレルギー、乾癬、皮膚腫瘍、水疱症、帯状疱疹、蜂織炎、丹毒、下腿潰瘍、褥瘡、尋常性疣贅(いぼ)、足白癬・爪白癬(みずむし)等

このような症状の方を診察しています

治療しても治らない湿疹、かぶれ:不適切なスキンケアや十分な不十分・不適切な治療が原因のことも多いですが、他の皮膚病や、アレルギーや内科疾患が関与している事があります。
皮膚にできたできもの、皮膚の下のしこり:ほくろなどの良性腫瘍が多いですが、中には悪性腫瘍(がん)が見つかることもあり、だんだん大きくなるものや出血を伴う場合は相談が必要です。