婦人科

患者さまへ

婦人科は、思春期から老年期までの女性の健康を守るため、病気の予防から診断治療まであらゆる要望に応えられるように診療を行っています。 中でも婦人科癌の診断、治療に力をいれており経験も豊富です。患者さまの病状や要望に応じて、根治性と低侵襲の両立をはかり、質の高いがん治療を提供します。治療方針の難しいケースでは放射線、化学療法、緩和医療の専門医、病理医、看護師、薬剤師が参加するキャンサーボードにおいて治療方針の検討を行います。抗がん剤の治療は外来化学療法室で行うことも可能です。 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜ポリープ、骨盤臓器脱の治療は低侵襲手術(腹腔鏡、子宮鏡、経腟手術)を積極的に取り入れています。

主な対象疾患

悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん)、前癌病変(子宮頸部異形成、子宮内膜増殖症)、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症(チョコレート嚢腫、子宮腺筋症)、骨盤臓器脱(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤、腟脱)、尿失禁、月経異常(月経不順、月経困難症、月経前症候群)、機能性子宮出血、更年期障害、骨粗鬆症

このような症状の方を診察しています

不正性器出血、月経痛、月経過多、無月経、帯下の異常、下腹部痛、腹部のしこり、外陰部症状(かゆみ、いたみ、違和感、はれ)、尿失禁、更年期障害(ほてり、発汗、いらいら)、がん検診と精密検査
子宮頸がん予防ワクチン(要予約)
遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)症候群の遺伝相談(要予約)