看護師募集
初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 脳神経内科

脳神経内科

診療内容・特徴

脳神経内科とは脳、脊髄、末梢神経、筋肉の疾患を対象としており、そこに生じた異常を様々な観点から原因探索を行い、治療を行う診療科です。症状としましては頭痛、めまい、脱力や麻痺などの筋力低下、しびれ、歩行障害、意識障害、痙攣などを対象としています。
特に当科においては免疫性神経疾患や神経変性疾患などの神経難病、頭痛疾患、脳血管障害などを中心に診療しています。
さらに在宅の神経難病患者に関しては担当の訪問医とも連携しながら診療しています。
また、痙縮やジストニアなどへのボツリヌス療法も得意分野としています。
なお、いわゆる「心の病」は守備範囲が異なるためご注意ください


専門的検査

神経障害と神経学的診察の結果からMRI、DATスキャン、脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、神経伝導検査などを用いて診断を行います。
必要性のある場合は髄液検査も随時施行します。
疾患によっては筋生検や神経生検も施行し診断を行います。
重症筋無力症におけるテンシロンテストも施行しています。

対象疾患

・ パーキンソン病、パーキンソン症候群
・ 片頭痛、群発頭痛など頭痛疾患
・ 脳血管障害
・ てんかんなどの痙攣性疾患
・ 脳炎、髄膜炎
・ ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎
・ 多発性硬化症
・ 重症筋無力症
・ 多発性筋炎
・ パーキンソン病、パーキンソン症候群
・ 多系統萎縮症
・ 脊髄小脳変性症
・ 筋萎縮性側索硬化症
・ 筋ジストロフィー

治療について

● 免疫性神経疾患
(例)
・ギラン・バレー症候群:免疫グロブリン点滴療法
・慢性炎症性脱髄性多発神経炎:ステロイド療法,免疫グロブリン点滴療法・維持療法,血漿交換療法
・多発性硬化症・視神経脊髄炎:ステロイド療法,血漿交換療法
・重症筋無力症:ステロイド療法,免疫グロブリン療法,血漿交換療法,エクリズマブ
● 神経変性疾患
(例)
・パーキンソン病:
ウェアリングオフに対してのアポモルヒネ皮下注療法
進行期パーキンソン病におけるLCIG[Lドパ経腸管持続投与]療法。LCIG療法はトライアル入院(お試し入院も可能)も可能ですので相談してください。
LCIG療法は当科が西日本最多施設となっています(平成29年末時点)。
・ 筋萎縮性側索硬化症:
エダラボン点滴療法
嚥下機能評価などを用いて適切な時期に胃瘻造設や気管切開の処置
在宅療養移行への準備指導、在宅療養移行後も連携していきます。
・ 多系統萎縮症:
嚥下機能評価などを用いて適切な時期に胃瘻造設や気管切開の処置
在宅医療移行への準備指導、在宅療養移行後も連携していきます。

進行期パーキンソン病におけるLCIG[Lドパ経腸管持続投与]療法(デュオドーパ®)に関して

レボドパ含有製剤を含む既存の薬物療法では十分な効果が得られないパーキンソン症状の日内変動(wearing-off現象)の改善を目的とした新しい治療方法です。適切な量のレボドパ製剤を持続的に投与できるようになり、パーキンソン症状の日内変動改善に有効性を得ることができます。ジスキネジアの軽減にもつながることもあります。


(実際の治療方法)

入院後に鼻から小腸までチューブを挿入し、試験的にLCIG療法を行います。
明らかな有効性があり、LCIG療法継続を希望される患者様には胃カメラを用いてLCIG療法継続用の胃瘻造設を行っています。
胃瘻造設後は胃瘻からのLCIG療法を行い、食事などは普通に口から摂取可能となります。外来には月1回の頻度で通院していただきます。
詳細は当科まで相談してください


ボツリヌス治療に関して

当科では眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙縮、痙性斜頸に対してボツリヌス療法を施行しています。また必要時には筋電計を用いた的確な治療を心がけています。
費用などの詳細は当科まで相談してください。

ロボットスーツHAL®医療用に関して

泉州地域で唯一となる神経難病へのロボットスーツHAL®医療用を用いたリハビリテーションを施行しています。詳細は当科まで相談してください。
[適応疾患]
・ 筋萎縮性側索硬化症 (ALS)
・ 脊髄性筋萎縮症(SMA)
・ 球脊髄性筋萎縮症(SBMA)
・ シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)
・ 封入体筋炎(IBM)
・ 遠位型ミオパチー
・ 筋ジストロフィー
・ 先天性ミオパチー

外来診察担当医表

午前
完全予約制
濱田ボツリヌス外来中村(雄)ボツリヌス外来上野ボツリヌス外来 濱田初診 中村(雄)
坂本第2・4週
再診
三浦第1・3週
再診
濱田初診
第1・3・5週
上野初診
第2・4週
河合再診
中村(雄)再診上野再診 濱田再診中村(雄) 初診河合再診
午後
完全予約制
中村(雄)再診坂本第2・4週
13:00 ~ 14:00
再診
山下初診 上野再診 濱田再診

受付時間:午前8時~午前11時30分

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立総合医療センター 広報誌 健やかいずみ