初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 外科

外科

診療内容・特徴

一般外科

虫垂炎・ヘルニア・外傷・良性の腫瘍などの診断・治療を行っております。
虫垂炎、ヘルニアに対する鏡視下手術にも取り組んでいます。


食道外科、胃腸外科

食道粘膜内癌に対する内視鏡的切除から、進行癌に対する3領域郭清を伴う手術、化学放射線療法、
食道ステントまで積極的に行っております。
早期胃癌に対する内視鏡的切除、腹腔鏡下胃切除にも積極的に取り組んでおります。
内視鏡的胃瘻造設術(PEG)も行っております。
食道穿孔、胃・十二指腸穿孔などの救急疾患にも対応可能です。


大腸・肛門外科

大腸癌に対する腹腔鏡下手術にも積極的に取り組んでおります。
クローン病や潰瘍性大腸炎の手術も行っております。
肛門疾患の手術は数日間の入院で可能です。
また、大腸穿孔(憩室穿孔など)などの救急疾患にも対応致します。


肝・胆・膵

腹腔鏡下胆嚢摘出術は4~5日の短期入院で可能です。
肝癌・胆管癌・膵癌などの悪性疾患に対しては、手術、放射線治療および化学療法を組み合わせた集学
的治療により、予後とQOLの改善に努めています。


乳腺・甲状腺外科、内分泌外科

早期に発見された乳癌は乳房温存手術と残存乳腺に対する放射線治療により根治が可能です。
また、進行乳癌でも術前化学療法により腫瘍を縮小させ乳房温存が可能となるように努めております。
甲状腺疾患、副甲状腺機能亢進症、副腎腫瘍などの手術にも取り組んでおり、腹腔鏡下の副腎摘出術も
行っております。
毎週木曜日午後の乳腺外来では、その日のうちにマンモグラフィー(乳腺撮影)、超音波検査を行い、
結果説明致しております。


血管外科

下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などに対する手術を行っております。
また、動脈瘤破裂、下肢急性動脈閉塞、腸間膜血管閉塞症などの救急疾患にも対応致します。


呼吸器外科

高解像度CTにより、末梢小型肺癌が多く発見され、胸腔鏡併用による肺葉切除、拡大区域切除などの
低侵襲手術、縮小手術で根治が可能となりました。
また、気胸はほぼ全例胸腔鏡手術が可能となり、胸壁腫瘍、縦隔腫瘍にも積極的に取り組んでおります。


いずれの疾患も、専門外来や専門領域に関係なく、いつ受診して頂いても結構です。
メールでのお問合せにも対応しています。お問合せはこちらから

対象疾患

一般の外科診療 :外傷、体表の炎症・腫瘍、やけど、ヘルニア、肛門疾患など
消化器外科 : 食道、胃、十二指腸、小腸、結腸、直腸、肛門など
肝・胆・膵外科 : 肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓
胸部外科 : 肺、胸膜、縦隔
乳腺外科 : 乳腺
内分泌外科 : 甲状腺・副腎など
血管外科 : 動脈、静脈、リンパ管

検査・検診について

専門的検査
  • 内視鏡検査(カメラ)
    上部消化管(食道、胃、十二指腸)、気管支鏡(肺、気管、気管支)
  • 超音波検査(エコー)
    体表(甲状腺、乳腺その他)、腹部(肝臓、胆嚢、膵臓その他)、血管(動脈、静脈)
がん検診
  • 乳癌検診、大腸癌検診(随時診察)

※こんな症状の時は早めに受診してください。

  • 胃癌検診:胃部不快感、胃痛、吐き気、胸やけ
  • 大腸癌検診:血便、便秘
  • 肺癌検診:血痰
  • 乳癌検診:乳房のしこり

※悪性腫瘍(癌など)は早く見つければ、手術などの治療で完全に治ります。
ささいな事でも異常があれば、いつでもご相談下さい。

手術について

最近行われている手術

体にやさしい外科手術-内視鏡下手術

従来の外科手術といえば、胸やお腹を大きく切り開いて行われてきましたが、光学・機械工学の
発達により、1990年より内視鏡を使った手術法が取り入れられるようになりました。

この手術は、全身麻酔をかけ、数ヶ所の小さな切り込み(1㎝前後)からカメラ(内視鏡)と
手術器具(細長い棒状のハサミやピンセットなど)を入れ、カメラに映し出された体内の映像を
モニター画面で見ながら、手術器具を体外で操作して行う手術です.器具や技術は次々に改良
され、胆嚢や大腸疾患などの消化器外科に続いて、呼吸器外科、泌尿器科、婦人科と様々な
領域で内視鏡下手術が行われています。

これほど急速に普及し、さらに進歩することが期待される内視鏡下手術の長所は、従来の手術に
くらべ格段に手術侵襲(手術による体への悪い影響)が小さいことがあげられます。
また、手術後の痛みは少なく、回復も早いため、入院期間も短くて済みます。

一方、その短所は、モニターが平面画像のため、遠近感に乏しく、医師が直接胃や腸などの臓器に
触れられないことから、より高度の技術を必要とし、手術時間が長くなる傾向にあることです。
このため、病状によっては、内視鏡手術の適応にならないこともあります.また、内視鏡手術が
続行不可能と判断されるときには、創を広げた従来の手術に移行することもあります。


腹腔鏡下手術

・胆嚢摘出術 ・胃切除術 ・大腸切除術 ・脾臓摘出術 ・副腎摘出術
・胃、十二指腸穿孔の手術 ・虫垂切除術 ・鼠径ヘルニアの手術


胸腔鏡下手術

・気胸手術  ・肺切除術 ・縦隔腫瘍切除術 ・食道疾患手術
・心嚢開窓術


主な手術件数

腰椎麻酔,全身麻酔下に行った手術症例数
( )は腹腔鏡,胸腔鏡を使用した鏡視下手術症例数

上部消化管 下部消化管 肝・胆・膵 乳腺・内分泌 胸部 血管 ヘルニア
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<食道疾患> 2 3 1 2 1 1 1 0 1 1
食道亜全摘術 1(1) 2(2) 1(1) 2 1(1) 1(1) 1   1
特発性食道破裂手術等 1 1               1
<胃・十二指腸疾患> 59 49 49 44 46 43 64 45 32 30
噴門側胃切除術       1 1        
幽門側胃切除術 17(4) 11(2) 16(4) 17(2) 19(2) 10(1) 13(6) 11(2) 11(3) 11(5)
胃全摘術 18 5 4 5 3 8 6 7 1 3
残胃全摘術   3   2   1 1 2 1
バイパス術   1 1   4 5(1) 2 4  
腹腔鏡下大網充填術 5(5) 5(5) 1 1(1)          
内視鏡的胃瘻造設術 18 23 22 15 19 18 38 21 13 16
その他(胃部分切除等) 1 1 4 3   1(1) 4(1) 1 6(1)
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<大腸・小腸疾患> 105 65 61 65 67 62 71 80 52 78
虫垂切除術 32(7) 17(10) 17(13) 17(16) 6(5) 15(14) 13(13) 12(11) 15(13) 21(18)
小腸・結腸部分切除術         8(2) 4 5 10 4(1) 14(1)
回盲部切除術 3(2) 6(4)   4 2(1) 4(2) 4(3) 3(1) 1(1) 7(2)
右半結腸切除術 8 3(1) 4(1) 7 5(1) 4(1) 6(3) 2(2) 3 5
横行結腸切除術 1(1) 4(1) 5 6(3) 2 2(1) 3(1) 1 1(1)
左半結腸切除術 1 2 1 2 2(1) 0
S状結腸切除術 14(6) 8(1) 12(3) 7(1) 77(3) 11(6) 13(6) 11(6) 10(5) 9(6)
高・低位前方直腸切除術 10(3) 5(1) 10(4) 8(3) 10(6) 7(4) 9(7) 13(6) 5(3) 6(2)
マイルス手術 6 5 3 3 5 3 3(3) 4(2) 2(1) 1(1)
ハルトマン手術 1 1 1 1
人工肛門造設・閉鎖術 6 4 1 2 2 3 4 5 4 4
バイパス術 3 4 2 1 2 5 3 2
その他 24 7 14 7 13 7(1) 8 10 4 7
<肛門疾患> 23 8 23 40 49 47 40 27 23 21
痔核根治術
(硬化療法併用を含む)
18 6 19 37 48 2 16 11 9 7
痔核硬化療法 36 15 8 7 7
痔瘻根治術 4 2 2 1 5 1 3
その他 1 2 2 1 9 9 3 6 4
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<肝胆道疾患> 66 45 42 39 36 34 50 39 33 44
2区域未満の肝切除術 4 2 3 5 3 3 9 3 5 7
2区域以上の肝切除術 1 4 2 4 1 3 2 2
拡大胆摘術 1 1 2 1 2    
胆のう摘出術 48(45) 33(30) 29(22) 27(22) 23(19) 25(22) 32(27) 30(26) 23(19) 37(28)
総胆管切開砕石術 5 2 1 1 2    
膵頭十二指腸切除術 2 1 2 2 1 1   1
膵嚢胞消化管吻合術 1 1    
膵体尾部切除術 1 1 1 1 1 1 2 2
腹腔鏡補助下摘脾術 1 1(1) 1    
胆管空腸吻合術 2 1 1    
ラジオ波焼灼術(その他) 1 3 5 2  
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<乳腺疾患> 32 25 47 29 27 36 42 30 22 36
乳房温存手術 10 14 14 13 18 19 21 5 11 9
胸筋温存乳房切除術 19 6 17 8 2 15 15 14 9 18
その他(腫瘤摘出術等) 3 5 16 8 7 2 6 11 2 9
<甲状腺疾患> 13 6 2 1 7 2 5 3 3 3
甲状腺切除 13 3 2 1 4 2 4 2 2 3
その他 3 3 1 1 1
<副腎疾患> 1    
腹腔鏡下副腎摘出術 1    
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<肺疾患> 51 34 34 39 39 49 73 51 58 48
原発性肺癌手術 14(13) 9(7) 9(8) 17(17) 15(13) 30(27) 33(29) 16(14) 24(21) 30(24)
転移性肺癌手術 5(5) 7(7) 3(2) 4(4) 5(4) 3(3) 4(4) 4(4) 4(4) 2(2)
炎症性肺腫瘍等手術 8(8) 7(7) 6(6) 6(6) 6(6) 7(7) 17(17) 7(7) 4(3) 5(2)
肺悪性リンパ腫 1(1) 1(1)    
気胸根治術 12(12) 9(9) 10(10) 6(6) 6(6) 7(7) 17(16) 18(18) 10(10) 6(6)
膿胸手術 3(1) 1 1 1(1)    
その他 8 5(5) 6(6) 5(5) 2(1) 2(1) 6(6) 16(14) 5(2)
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<動脈疾患> 1    
腹部大動脈瘤破裂
(人工血管置換術)
1    
<静脈疾患> 8 8 4 4 13 13 28 13 16 13
下肢静脈瘤根治術 8 8 4 4 13 13 27 12 15 13
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
<へルニア> 56 49 53 72 60 75 76 68 40 41
小児鼡径ヘルニア根治術 5 3 7 5 2 3 3 3  
成人鼡径ヘルニア根治術 44 45 43 59(19) 52(23) 65(39) 61(39) 59(29) 34(22) 34(25)
大腿ヘルニア根治術 3 1 1 1 11 1   1
腹壁瘢痕ヘルニア根治術 4 1 2 4 4 3(1) 6 4 5(2) 4(1)
臍ヘルニア根治術 3 2 1 2 1 1 1(1)
その他のヘルニア根治術 3     2

外来診察担当医表

備考
午前 阪本※1
坂下※2
澤田
須浪
下治※2
雪本※1
処置※4
阪本
澤田※1
雪本※3
須浪※1
処置※4
午 後 阪本※5 坂下 阪本※5

受付時間:午前8時~午前11時
※1 初診 ※2 初診・処置 ※3 処置 ※4 交代制 ※5 乳腺外来

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ