肝胆膵内科

診療実績

肝臓病センターの2018年1月~12月の実績は以下の通りです。

肝胆膵内科 入院患者統計

入院患者総数:399名

疾患内訳 患者数
肝細胞癌 149 37.3
胆道癌 10 2.5
膵癌 7 1.8
慢性肝疾患 90 22.6
急性肝障害 12 3
膵胆道疾患 42 10.5
腸疾患 14 3.5
上部消化管疾患 4 1
その他 71 17.8

1)血管造影下治療 50例
・肝動脈塞栓術 48例
・肝動脈動注 2例
2)経皮的検査治療 90例
・ラジオ波焼灼療法 31例
・エタノール注入療法 27例
・肝生検 30例
・肝嚢胞穿刺 1例
・Biloma穿刺 1例
3)C型慢性肝炎に対する経口抗ウイルス剤治療導入 54例
・エレルサ+グラジナ療法 6例
・ソバルディ+レベトール療法 2例
・ハーボニー 9例
・マビレット 37例

肝臓病センターは2010年4月に発足したばかりですので、まだ充分な実績はありませんが、肝臓病センター長の坂口浩樹は、大阪市立大学で以下のような実績を有しています。

・経皮的肝生検 2100例
・エタノール注入療法 1500例
・経皮的マイクロ波凝固療法 100例
・経皮的ラジオ波凝固療法 200例
・腹腔鏡下肝生検 1100例
・腹腔鏡下マイクロ波凝固療法130例
・腹腔鏡下ラジオ波凝固療法 40例
・腹腔鏡下肝切除 9例
・肝嚢胞ドレナージ 20例
・経皮経肝胆管ドレナージ 30例

設備紹介
・腹部超音波
・血管造影装置
・320列マルチスライスCT
・16列マルチスライスCT
・1.5TMRI
・クールチップ(ラジオ波凝固療法)
・マイクロターゼ(マイクロ波凝固療法)