腫瘍内科

業績

~論文発表~(Only first author)

  1. Use of hormone therapies in disseminated carcinomatosis of the bone marrow associated with hormone receptor-positive breast cancer.
    Ota T, Miyatake N, Tanaka N, Hasegawa Y, Tokunaga M, Tsukuda H, Fukuoka M.
    Gynecol Endocrinol. 2018 Apr;34(4):286-289.
  2. Breast metastasis from EGFR-mutated lung adenocarcinoma: A case report and review of the literature.
    Ota T, Hasegawa Y, Okimura A, Sakashita K, Sunami T, Yukimoto K, Sawada R, Sakamoto K, Fukuoka M.
    Clin Case Rep. 2018 Jun 19;6(8):1510-1516.
  3. Porous diaphragm syndrome with recurrent thymoma.
    Ota T, Hasegawa Y, Okabe T, Okimura A, Fukuoka M.
    Respirol Case Rep. 2018 Nov 28;7(2):e00391.

~学会発表~

  1. Serum biomarkers during the first cycle of anti-PD-1 antibody therapies in non-small cell lung cancer.
    Ota T, Takeda T, Fukui T, Nakahara Y, Kudo K, Okabe T, Hayashi H, Otani S, Hiyoshi Y, Yonesaka K, Sugiura T, Suzumura T, Terashima M, Nakano Y, Hasegawa Y, Tsukuda H, Matsui K, Masuda N, Fukuoka M.
    ESMO 2018 Congress, Munich, 1200P, 2018
  2. During the First Cycle of Serum Perforin Predicts Efficacy of Anti-PD1 Antibody Therapies in Non-Small Cell Lung Cancer.
    Ota T, Takeda T, Fukui T, Nakahara Y, Kudo K, Okabe T, Hayashi H, Otani S, Hiyoshi Y, Yonesaka K, Sugiura T, Suzumura T, Miyamoto A, Terashima M, Nakano Y, Hasegawa Y, Tsukuda H, Matsui K, Masuda N, Fukuoka M.
    The 6th JCA-AACR, Kyoto, 6-6, 2018
  3. 治療と緩和ケアを一体化した包括的がん医療における緩和的放射線治療(第23回日本緩和医療学会学術大会)
    長谷川 喜一、佃 博、岩谷 理佳子、大田 隆代、中野 雄介、寺嶋 応顕、宮武 望、田中 登美、川口 いずみ、多田 卓仁、福岡 正博
  4. 家族サロン体験から繋がる遺族のグリーフワークへの影響(第23回日本緩和医療学会学術大会)
    鈴木 教子、和田 富士美、野田 順子、岡田 芙美子、萬治 泰野、田中 登美、宮武 望、岩谷 理佳子
  5. 医療用麻薬使用現場におけるがん疼痛薬物療法の教育支援とその効果:看護レベルの向上を目指して(第12回日本緩和医療薬学会年会)
    宮武 望、長谷川 喜一、岩谷 理佳子、中原 昌子、佃 博、大田 隆代、中野 雄介、寺嶋 応顕、福岡 正博
  6. 治療と緩和ケアを一体化した包括的がん医療における緩和的放射線治療(第16回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川 喜一、佃 博、岩谷 理佳子、大田 隆代、中野 雄介、寺嶋 応顕、宮武 望、田中 登美、川口 いずみ、多田 卓仁、益田 典幸、松井 薫、福岡 正博
  7. 大量腹水が食道裂肛ヘルニア穿破により両側胸腔に流入した進行卵巣癌の1例(第16回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    中野 雄介、大田 隆代、寺嶋 応顕、長谷川 喜一、佃 博、益田 典幸、松井 薫、福岡 正博
  8. TAS-102をいかに使いこなすか? (第16回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    佃 博、長谷川 喜一、大田 隆代、中野 雄介、寺嶋 応顕、益田 典幸、松井 薫、福岡 正博
  9. 胸腺腫に合併した横隔膜交通症の一例(第16回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    大田 隆代、長谷川 喜一、岡部 崇記、沖村 明、宮武 望、中野 雄介、寺嶋 応顕、佃 博、益田 典幸、松井 薫、福岡 正博
  10. A Case of Encephalitis due to Pembrolizumab(第16回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    寺嶋 応顕、河合 滋、大田 隆代、中野 雄介、長谷川 喜一、佃 博、益田 典幸、松井 薫、福岡 正博
  11. 包括的がん医療を実践する緩和ケア病棟における輸血の現状(第42回日本死の研究会年次大会)
    長谷川喜一

~論文発表~(Only first author)

  1. Pain Management of Malignant Psoas Syndrome Under Epidural Analgesia During Palliative Radiotherapy.
    Ota T, Makihara M, Tsukuda H, Kajikawa R, Inamori M, Miyatake N, Tanaka N, Tokunaga M, Hasegawa Y, Tada T, Fukuoka M.
    J Pain Palliat Care Pharmacother. 2017 Jun;31(2):154-157.
  2. Myasthenia gravis induced by nivolumab in patients with non-small-cell lung cancer: a case report and literature review.
    Hasegawa Y, Kawai S, Ota T, Tsukuda H, Fukuoka M.
    Immunotherapy. 2017 Aug;9(9):701-707.
  3. Use of hormone therapies in disseminated carcinomatosis of the bone marrow associated with hormone receptor-positive breast cancer.
    Ota T, Miyatake N, Tanaka N, Hasegawa Y, Tokunaga M, Tsukuda H, Fukuoka M.
    Gynecol Endocrinol. 2017 Oct 26:1-4.

~学会発表~

  1. ニボルマブ投与後に高CK血症を合併し重症筋無力症を発症した1例(第57回日本呼吸器学会学術講演会)
    長谷川 喜一、佃 博、大田 隆代、福岡 正博
  2. 当院における包括的がん医療:緩和医療と治療を一貫して行う取り組み(第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、大田隆代、宮武望、大塚正友、田中登美、川口いずみ、福岡正博
  3. PCA機能付き携帯型シリンジポンプ(小型シリンジポンプ)を導入して(第22回日本緩和医療学会学術大会)
    宮武望、長谷川喜一、岩谷理佳子、大田 隆代、佃博、福岡 正博
  4. 緩和ケアチーム活動を通して見えたリンクナース支援の課題(第22回日本緩和医療学会学術大会)
    松岡弘子、宮武望、岩谷理佳子、川口いずみ
  5. がんサロン「すいせんの会」開催の効果(第22回日本緩和医療学会学術大会)
    岡田芙美子、野田順子、鈴木教子、大塚正友、田中登美、宮武望、岩谷 理佳子
  6. 既治療進行非小細胞肺癌に対するニボルマブ投与による重篤な有害事象とその対策:当院の経験から(第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川喜一、佃博、大田隆代、宮武望、松井薫、福岡正博
  7. 当院緩和ケア病棟における化学療法の現状:緩和医療と治療を一貫して行う当院システムでの検討(第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川喜一、佃博、大田隆代、福岡正博
  8. 肝解剖により判明した神経内分泌分化を示す胃腺癌の一例(第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    大田隆代、佃博、沖村明、宮武望、長谷川喜一、福岡正博
  9. 当院でのがん化学療法看護リンクナース研修の取り組み(第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    松山しま子、相澤ユリ子、川口いずみ、田中登美、奥田広志、佃博、長谷川喜一、澤田隆吾、中野雄介、福岡 正博
  10. ベバシズマブが奏効した子宮頸部腺癌の一例(第15回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    中野雄介、梅咲 直彦
  11. 緩和ケア病棟専従薬剤師による薬学的介入の分析(第11回日本緩和医療薬学会年会)
    宮武望、長谷川喜一、岩谷理佳子、大田 隆代、佃博、福岡 正博

~論文発表~(Only first author)

  1. Spontaneous pneumothorax due to bronchopleural fistula following reirradiation for locoregionally recurrent squamous cell lung cancer.
    Ota T, Suzumura T, Sugiura T, Hasegawa Y, Yonesaka K, Makihara M, Tsukuda H, Tada T, Fukuoka M.
    Clin Case Rep. 2016 Apr 1;4(5):481-5.
  2. Drug-induced Pneumonitis Following the Administration of TAS-102.
    Hasegawa Y, Ota T, Tsukuda H, Suzumura T, Fukuoka M.
    Intern Med. 2016;55(19):2855-2859.
  3. Abdominal pain under immunosuppressive conditions.
    Ota T, Nakano M, Tanaka N, Suzumura T, Miyatake N, Hasegawa Y, Ozaki T, Tsukuda H, Fukuoka M.
    Cleve Clin J Med. 2016 Dec;83(12):874-875.

~論文発表~(Only first author)

  1. 当院緩和ケア病棟における緊急入院とその地域連携状況~あんしんできるがん診療を目指して~ (第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、鈴村倫弘、大田隆代、宮武望、米阪仁雄、杦浦孝宗、大塚正友、田中登美、川口いずみ、福岡正博
  2. 緩和ケア病棟における遺族ケア~開催からみえてきた課題~(第21回日本緩和医療学会学術大会)
    岩谷理佳子、長谷川喜一、田中登美、佃博、大塚正友
  3. 当院緩和ケア病棟の遺族会の評価及び今後の課題(第21回日本緩和医療学会学術大会)
    野田順子、須田洋子、西村史子、田中登美、宮武望、佃博、長谷川喜一、岩谷理佳子
  4. レスキュー自己管理に向けた取り組み~医療者の意識調査より~(第21回日本緩和医療学会学術大会)
    松岡弘子、宮武望、岩谷理佳子、長谷川喜一、森口絵美、佐々木教子、上橋真季、藤原聖美、山田妙織、佃博、川口いずみ
  5. 包括的がん医療における救急診療:緩和医療と治療を一貫して行う当院システムでの検討(第14回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、鈴村倫弘、大田隆代、宮武望、米阪仁雄、杦浦孝宗、大塚正友、田中登美、川口いずみ、福岡正博
  6. 進行再発大腸癌に対するTAS-102の治療経験(第14回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    大田隆代、佃博、長谷川喜一、宮武望、鈴村倫弘、福岡正博

~論文発表~(Only first author)

  1. The role of smoking status on the progression-free survival of non-small cell lung cancer patients harboring activating epidermal growth factor receptor (EGFR) mutations receiving first-line EGFR tyrosine kinase inhibitor versus platinum doublet chemotherapy: a meta-analysis of prospective randomized trials.
    Hasegawa Y, Ando M, Maemondo M, Yamamoto S, Isa S, Saka H, Kubo A, Kawaguchi T, Takada M, Rosell R, Kurata T, Ou SH.
    Oncologist. 2015 Mar;20(3):307-15.
  2. Catheter detachment.
    Ota T, Tsukuda H, Tokunaga M, Nishida N, Hasegawa Y, Suzumura T, Fukuoka M.
    Oxf Med Case Reports. 2015 May 19;2015(5):292-3.

~学会発表~

  1. Palliative care from an early stage of cancer therapy: Four years since the foundation of a community-based cancer center. (2015 Asia Pacific Hospice Conference)
    Yoshikazu Hasegawa, Hiroshi Tsukuda, Takayo Ota, Rikako Iwaya, Masatomo Otsuka, Tomohiro Suzumura, Hiroko Matsuoka, Kimio Yonesaka, Tomi Tanaka, Izumi Kawaguchi, Masahiro Fukuoka
  2. EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるEGFR-TKI耐性後の治療成績(第55回日本呼吸器学会学術講演会)
    鈴村倫弘、長谷川喜一、尾崎智博、米阪仁雄、杦浦孝宗、大田隆代、佃博、福岡正博
  3. 当院緩和ケア病棟がん患者に対する患者情報共有システム(カナミックネットワーク)を用いた在宅の多職種連携 ~1年間使用した長所、短所~ (第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、鈴村倫弘、大田隆代、宇澤由佳、黒川好美、川相一郎、川口いずみ、梅田信一郎、福岡正博
  4. 緩和ケア病棟における遺族会の在り方と今後の課題(第20回日本緩和医療学会学術大会)
    西村史子、松岡弘子、田中登美、岩谷理佳子、長谷川喜一、川口いずみ
  5. 当院緩和ケア病棟における在宅を希望された患者に対する地域連携~あんしんできる地域連携をめざして~(第20回日本緩和医療学会学術大会)
    長谷川喜一、岩谷理佳子、佃博、鈴村倫弘、大田隆代、松岡弘子、米阪仁雄、川口いずみ、田中登美、大塚正友、福岡正博
  6. 多職種に向けたアンケートの結果から見えた緩和ケアチーム主催の学習会のありかた 明日へとつなぐ学習会を目指して(第20回日本緩和医療学会学術大会)
    松岡弘子、宮武望、岩谷理佳子、長谷川喜一、川口いずみ、佃博、徳洲会和泉市立病院緩和ケアチーム
  7. 当院緩和ケア病棟における在宅を希望された患者に対する地域連携~あんしんできる地域連携をめざして~(第13回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、鈴村倫弘、大田隆代、米阪仁雄、田中登美、川口いずみ、大塚正友、福岡正博
  8. 化学放射線治療後の再発に対する再照射にて気管支胸腔瘻を発症した肺扁平上皮癌の一例(第13回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    鈴村倫弘、大田隆代、杦浦孝宗、長谷川喜一、米阪仁雄、佃博、多田卓仁、福岡正博
  9. アロマターゼ阻害剤投与にて長期寛解を得ている乳癌重複胃癌症例(第13回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    佃博、大田隆代、鈴村倫弘、長谷川喜一、福岡正博
  10. 分子標的治療薬治療後に類天疱瘡様の皮膚障害をきたした大腸癌(第13回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    大田隆代、佃博、鈴村倫弘、長谷川喜一、福岡正博
  11. がん化学療法リンクナースの抗がん薬Ⅳに抱く不安に対する育成研修の効果(第13回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    福島美砂、野内由美、田中登美、鈴村倫弘、澤田隆吾、中野雄介、佃博、福岡正博

~論文発表~(Only first author)

  1. Erlotinib is a well-tolerated alternate treatment for non-small cell lung cancer in cases of gefitinib-induced hepatotoxicity.
    Yonesaka K, Suzumura T, Tsukuda H, Hasegawa Y, Ozaki T, Sugiura T, Fukuoka M.
    Anticancer Res. 2014 Sep;34(9):5211-5.
  2. Successful gefitinib treatment administration via gastrostomy tube in a patient with non-small cell lung cancer with dysphagia.
    Suzumura T, Yonesaka K, Tsukuda H, Fukuoka M.
    BMJ Case Rep. 2014 Mar 13;2014
  3. Human papilloma virus in non-small cell lung cancer in never smokers: a systematic review of the literature.
    Hasegawa Y, Ando M, Kubo A, Isa S, Yamamoto S, Tsujino K, Kurata T, Ou SH, Takada M, Kawaguchi T.
    Lung Cancer. 2014 Jan;83(1):8-13

~学会発表~

  1. A meta-analysis of smoking status on clinical outcomes of non-small cell lung cancer patients harboring activating epidermal growth factor receptor (EGFR) mutations receiving first-line EGFR tyrosine kinase inhibitor. (2014 ASCO Annual meeting)
    Hasegawa Y, Ando M, Maemondo M, Yamamoto S, Isa S, Saka H, Kubo A, Kawaguchi T, Takada M, Kurata T, Ou SH
  2. がん治療の早期から関わる緩和ケアをめざして 地域に根差したがんセンター設立後3年間(第19回日本緩和医療学会学術大会)
    長谷川喜一、佃博、岩谷理佳子、鈴村倫弘、米阪仁雄、上野葉、松岡弘子、大塚正友、田中登美、川口いずみ、福岡正博
  3. キャンサーボードを活用した、緩和ケアチームへの依頼方法 早期からの緩和ケアの実現、顔の見えるPCTを目指して(第19回日本緩和医療学会学術大会)
    松岡弘子、宮武望、長谷川喜一、佃博、川口いずみ、岩谷理佳子
  4. がん治療の早期から関わる緩和ケアをめざして(第12回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    長谷川喜一、佃博、大塚正友、米阪仁雄、鈴村倫弘、杦浦孝宗、岩谷理佳子、川口いずみ、田中登美、福岡正博
  5. 患者情報共有システムを用いたがん患者の在宅医療:大阪泉州地区の試み(第12回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    川口いずみ、佃博、長谷川喜一、鈴村倫弘、小切匡史、梅田信一郎、福岡正博
  6. 消化器癌患者における消化管穿孔・急性腹膜炎発症のリスク要因についての後方視的研究(第12回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    鈴村倫弘、佃博、長谷川喜一、米阪仁雄、福岡正博、澤田隆吾、雪本清隆、須浪毅、坂下克也、田内潤
  7. 経口抗がん薬治療患者への効果的支援方法確立に向けての取り組み(第12回日本臨床腫瘍学会学術集会)
    福島美砂、鈴見浩子、川口いずみ、中川雅史、小川直希、佃博、福岡正博
  8. 患者情報共有システムを用いた肺がん患者の在宅医療(第55回日本肺癌学会学術集会)
    岩谷理佳子、長谷川喜一、鈴村倫弘、大田隆代、佃博、川口いずみ、宇澤由佳、黒川好美、梅田信一郎、米阪仁雄、福岡正博
  9. EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるEGFR-TKI耐性後の治療成績(第55回日本肺癌学会学術集会)
    鈴村倫弘、長谷川喜一、尾崎智博、米阪仁雄、杦浦孝宗、大田隆代、佃博、福岡正博