初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 腫瘍内科

腫瘍内科

診療内容・特徴

当院では、平成22年7月にがんセンターが開設され、その中に腫瘍内科が設けられました。

腫瘍内科というのは、我が国では比較的新しい診療科ですが、抗がん剤などの薬物を用いて
がん治療を行う部門です。

近年のがん薬物療法(化学療法)は、分子標的薬が出現したこともあって極めて複雑となり、
高度な専門知識と豊富な経験が要求されるようになりました。

そのような状況下で平成12年になって日本臨床腫瘍学会によって“がん薬物療法専門医”の
認定が始まり、大学医学部やがん専門病院に腫瘍内科が設けられるようになりました。
また、腫瘍内科では化学療法だけでなく、緩和医療を含めたがん患者の全人的医療を行う
ことが求められています。

当院の腫瘍内科が担当しているのは、腫瘍内科の外来、緩和ケア外来、外来化学療法、
一般病棟での抗がん剤化学療法、緩和ケア病棟での緩和医療です。

当科の特長は、がん薬物療法専門医が常勤7名、非常勤4名、日本臨床腫瘍学会の指導医、
日本緩和医療学会の暫定指導医(非常勤)、精神腫瘍学を専攻する医師(非常勤)、がん看護
専門看護師(非常勤)、がん化学療法認定看護師。緩和ケア認定看護師、がん性疼痛認定
看護師を揃えがんの治療から緩和医療までを一貫して診療している
ことです。すなわち、単にがんの化学療法だけを実施するのではなく、患者さんの身体的
苦痛や精神的苦痛を緩和する医療も並行して行っています。

当院では、腫瘍内科でがん治療を受けている患者さん、緩和ケア病棟に入院され在宅に戻ら
れている患者さん全てに24時間対応できる体制をとっています。また、地域の在宅医、訪問
看護師、介護士と密接な連携をとり、在宅医療にも積極的に取り組んでいます。
“患者さんの意思を尊重したがん医療”を行うことが当腫瘍内科のモットーです。

当院は平成23年4月1日より大阪府認定の“がん診療拠点病院”、日本臨床腫瘍学会の
“がん薬物療法専門医のための認定研修施設”となっています。


外来化学療法

当院におけるがん診療の特長の一つが、がんの薬物療法(化学療法)を通院で行うのを
原則としていることです。
最近のがん化学療法は、支持療法(副作用を軽減する治療)の進歩によって、入院する
ことなく外来で実施することが可能になりました。
当院の外来化学療法室では、リクライニングチェアと通常ベッドを揃え、テレビ観賞や
読書をしながら患者さんの意向に合わせて化学療法を受けることができます。
外来化学療法室には、がん薬物療法に精通した腫瘍内科医、がん化学療法認定看護師を
含む専任のスタッフが常在しており、安心してがんの化学療法を受けていただけます。


入院治療・緩和ケア病棟 “いずみ”

治療が複数日にまたがる場合や特殊な処置が必要な場合には、一般病棟に入院して治療を
受けていただきます。
当院では、緩和ケア診療の施設基準を満たした緩和ケア病棟(現在21床稼働)を有しています。
当院の緩和ケア病棟の特色として、終末期医療だけを担うのではなく、がんの治療中や在宅
療養中に緩和医療が必要となった患者さんにも積極的に利用していただき、がん治療の一環
としてその役割を担っております。
よく誤解されがちですが、緩和ケアは終末期のみを指すのではありません。
病気の早期から苦痛にあわせて行われ、がん患者さんがお持ちの様々な痛み(全人的苦痛)を
少しでも和らげることで、患者さんとそのご家族の生活の質を高め、患者さんが前向きに
がんと向き合い、その人らしい生活を送っていただくことができるようにお手伝いすることを
目的とする医療・ケアです。
最近は緩和ケアはがん治療の一部であり、早期から適切に提供されることが重要であるとの
概念の変化を受け、当院でも早期から緩和ケアを導入することで切れ目のないがん治療を
患者さんに提供しております。
病棟には、家族室、談話室、調理室、インターネットの整備された図書室も設けており、
あらゆる時期のがん患者さんの癒しの場として利用していただきたいと思っています。
和泉市立病院がんセンターは“日本で最も小さな、しかし、患者さんにとって最適の
がんセンター”を目指します。
適正ながん医療を安心して受けていただける施設としてご期待下さい。

対象疾患

1.肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌、膵臓癌、頭頚部腫瘍、乳癌、原発不明がん、
    肉腫など血液がんを除く全ての固形がんの薬物療法
2.婦人科と連携して行う婦人科癌の薬物治療
3.放射線腫瘍医と協力して行う化学放射線治療
4.全てのがん患者を対象とした緩和医療(緩和ケア)

治療実績

外来化学療法(2016年)

年間1776件 大腸がん516件、肺がん450件、胃がん・食道がん293件、肝胆膵がん94件、乳がん197件、その他226件

入院実績(2015年)

肺がん240件、大腸がん107件、胃がん53件、食道がん47件、肝胆膵がん34件、その他49件

学会発表・論文発表

外来診察担当医表

備考
午前 松井 林※1 岡部※1 杦浦※1
阪本※2
福岡
米阪
午 後 福岡※3 岡部※1 阪本※2 福岡※1
米阪※1

受付時間:午前8時~午前11時
※1 初診/再診  ※2 精神腫瘍・予約のみ  ※3 セカンドオピニオン   

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ