脳神経外科

患者さまへ

脳神経外科は、和泉市を中心に泉州北部地域の脳神経外科領域の疾患、救急疾患を診療しています。日本人の死因第4位を占める脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)に対しては、外科治療、カテーテルを用いた血管内治療、また脳神経内科、放射線科、リハビリテーション科と連携し薬物療法やリハビリテーションを行っています。良性脳腫瘍や顔面けいれん・三叉神経痛の機能的脳神経外科手術は、モニタリングを用いて、手術合併症を起こさないよう細心の治療を心がけています。 脳疾患にならないための啓蒙を行い、不幸に脳疾患を患ってしまった際に、泉州地域にお住まいの方が安心して治療を受けられる病院でありたいと思っております。

主な対象疾患

未破裂脳動脈瘤、頸動脈狭窄症、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳動静脈奇形、もやもや病、良性脳腫瘍(髄膜腫、神経鞘腫など)、転移性脳腫瘍、悪性脳腫瘍、神経外傷(急性硬膜下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫など)、顔面けいれん、三叉神経痛、正常圧水頭症など

このような症状の方を診察しています

頭痛、意識障害、片側の顔(face)・手足の麻痺(arm)・言葉が出ない(speech)・呂律がまわっていない{早い時間(time)に病院へ(fast:ファーストと覚えます)}、顔面のけいれん、顔面が痛む、急激に進行する認知症状など