看護師募集
初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 脳神経外科

脳神経外科

診療内容・特徴

脳神経外科が対象とする領域は、国民病とも言える脳卒中(脳血管性障害)や脳神経外傷などの救急疾患、脳腫瘍に加え、三叉神経痛・顔面けいれん、てんかん、認知症等の機能的疾患、小児疾患、脊髄・脊椎・末梢神経疾患など多岐にわたります。泉州医療圏は90万人を要し、特に内陸部では脳神経外科を専門的に診察できる病院は少ない状態です。和泉市のかたが安心して生活できるように診療を行っていきます。脳卒中は神経内科とともに脳卒中センターでグループを形成し、手術のみでなく疾患予防、治療、リハビリテーションを行い、周辺の病院とも連携して、患者さんがよりよい生活に戻れるように尽力します。和泉市立総合医療センターでは、脳血管障害の開頭術・カテーテル治療に対応します。また髄膜腫、神経鞘腫などの良性腫瘍は、神経モニタリング装置などを用いて、確実で安全な治療を行っていきます。三叉神経痛、顔面けいれん、正常圧水頭症などの機能的外科手術にも対応します。


検査について

CT検査、MRI検査、脳血管撮影、頭部単純X線検査、超音波エコー、脳波など。


治療について

脳血管障害の開頭術は脳動脈瘤頚部クリッピング術、浅側頭動脈や橈骨動脈を用いたバイパス術、頭蓋内血腫除去術、脳動静脈奇形摘出術などを行います。また血管内治療は脳動脈瘤コイル塞栓術、脳動静脈奇形塞栓術など対応いたします。頚部内頚動脈狭窄症に対しては頚動脈内膜剥離術やステント留置術を行い、より病態に適した方法で治療を行います。髄膜腫や神経鞘腫などの良性脳腫瘍は神経モニタリングを行い安全な摘出を行います。悪性脳腫瘍や転移性脳腫瘍は腫瘍内科、放射線治療科と連携し治療を行います。三叉神経痛・顔面けいれんにたいする神経血管減圧術を行います。また正常圧水頭症に対してはシャント手術を行います。

対象疾患

脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)、脳神経外傷、脳腫瘍(良性腫瘍、転移性脳腫瘍など)、三叉神経痛・顔面けいれん、てんかん、認知症(正常圧水頭症)など

外来診察担当医表

午前 久保田 松本 久保田 田崎
午後 ☆村上

☆は女性です。
受付時間:午前8時~午前11時30分

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立総合医療センター 広報誌 健やかいずみ