看護師募集
初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 形成外科

形成外科

診療内容・特徴

形成外科とは、生まれつき、または、けがや癌などで、変形したり失われた体表面や骨(主に顔の骨)の異常を治療する科です。機能のみならず、整容的に改善し正常に近い形に再建し、QOL(quality of life)の向上に貢献すること目指しています。患者さんが変形による悩みを解消し、笑顔で社会復帰できることに寄与したいと考えています。

対象疾患

  1. 外傷 (けが)
    体表面やその近傍の組織損傷、 顔面骨折(眼窩、頬骨、上・下顎骨、鼻骨等)、熱傷(やけど)等。
    *傷をいかに目立たなく、変形・損傷を修復するかに重点を置き、傷が治った後のケアも積極的に行っています。
    顔面骨折
    顔の骨折は放っておくと変形を来すだけでなく、鼻の通気障害、視機能障害(物が二重に見える、視野が狭くなる等)、咬み合わせの不整、知覚障害などの後遺症を残すことがあります。顔を強く打ったりした場合は、できるだけ早く形成外科を受診してください。画像検査で詳しくチェックし治療方針をたてます。
  2. 傷あと
    目立つ傷あと、瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイド等
    目立つ傷あと
    傷の方向を変えたりすることにより、目立ちにくい傷跡にします。
    ひきつれた傷あとや凹んだ傷あと
    傷の方向を変えたり、不足した組織(皮膚・皮下組織・脂肪組織、骨・軟骨、人工材料等)を移植することにより、機能のみならず、整容的(見た目)に正常に近い状態に戻します。
    ケロイド
    患者さんと一緒に治療のゴールを設定し、それに応じて、保存的加療、手術、放射線などを組み合わせて(または単独で)治療を行なっています。
  3. 皮膚・皮下腫瘍 (皮膚表面のできもの、しこり)
    良性腫瘍(ほくろ、粉瘤、脂肪種等)、皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)
    皮膚悪性腫瘍 (皮膚がん) イボ、ホクロやシミ、傷あとと思っていたら皮膚がんだったということがあります。なかなか治らない皮膚の潰瘍も皮膚がんの可能性があり要注意です。形成外科では、ガンの根治を目指すだけでなく、ガン切除後に機能的、整容的に問題を残さないことを目標に手術を行っています。できものやしこりに気づいたら早めに受診されることをお勧めします。
  4. 眼瞼の変形
    眼瞼下垂(まぶたの下垂)、眼瞼内反(逆まつげ)、眼瞼外反等
    *眼瞼下垂 (まぶたの下垂)
    瞼の皮膚や筋肉の腱膜が緩んで、まぶたが下垂し、視野が狭くなり物が見づらくなった状態です。加齢やコンタクトの長年の装用、生まれつき(先天性)等原因は様々ですが、その原因に応じた手術を行っています。
    *逆まつげ(眼瞼内反症、睫毛内反症)
    生まれつきないし加齢により、皮膚の余りが生じたり、瞼の牽引している膜が緩んだ状態です。まつげが、目の表面(角膜・結膜)にあたり、目がチクチクしたり、涙がでたり、角膜炎・結膜炎を起こしたりします。 その原因に応じた手術を行っています。
  5. 体表面の先天奇形
    顔面(唇裂口蓋裂等)・耳(副耳・埋没耳、その他)・手指・足趾の変形、乳頭(乳首)の変形(陥没乳頭)、臍の変形(臍ヘルニア、でべそ)
    *上記で、幼少期に受けた術後の瘢痕や変形の修正も行っていますのでご相談下さい。
  6. 他の診療科での癌切除後の変形
    顔面神経麻痺による顔面の変形、顔面~口腔内の癌術後の変形、 乳癌術後の欠損・変形等
    *何年も前に生じた古い(陳旧性)変形も、あきらめずにお気軽にご相談下さい。
    乳癌術後の乳房再建
    自家組織(自分の体の筋肉・皮膚などの組織)を使った再建だけでなく、人工材料(シリコンインプラント・エキスパンダー)を使った乳房再建を行っています。また、部分切除後の変形についても、ご相談ください。

外来診察担当医表

午前 福田 ☆井内 ☆井内 ☆井内 ☆井内
午後 ☆井内再診

☆は女性です。
受付時間:午前8時~午前11時30分

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立総合医療センター 広報誌 健やかいずみ