初期研修医募集
HOME | 診療科・部門紹介 | 小児科

小児科

診療内容・特徴

診療領域

感染症全般、喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、てんかん及び神経疾患、腎臓疾患、
肥満低身長、循環器疾患(川崎病を含む)、軽度発達障害(学習障害、注意欠陥多動性障害、
高機能自閉症など)、和泉市教育委員会と協力して、3次腎臓検診、肥満健診を行っています。


特徴

当科では、新生児から15歳までのお子さまの一般診療から専門的診療まで幅広く対応しています。
午前は一般外来、午後は専門外来を開いています。専門外来は、原則予約制です。
入院は可能な限り短期入院をめざしています。
高度に専門的な治療が必要な場合には大学病院などを紹介いたします。
入院患者さまの治療薬剤については病棟薬剤師が詳細にご説明しております。
また地域医師会との病診連携を図り、紹介患者さまの緊急入院は可能な限り受け入れています。


一般小児科

和泉市の小児医療の中核として新生児から中学3年生までの小児の疾患全般を診療しています。
感染症、喘息・アレルギー疾患、神経疾患、腎疾患、代謝・内分泌疾患、循環器疾患、心身症、
発達障害などほぼ全ての疾患に対応しています。


小児科専門外来

午後にすべて予約で診療しています。電話での予約が可能です。
予約電話は平日14時から16時の間にお願い致します。(TEL 0725-41-1331)


救急外来

泉州小児救急輪番制のもとに救急を行っています。


ワクチン外来

すべて予約制でなっており、予防接種専用電話(TEL:0725-41-1331)での予約が可能です。
※月・水・木に下記、ワクチン外来を行っております。
ポリオ、日本脳炎、BCG、MR(麻疹風疹混合)、三種混合、四種混合、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、
麻疹(単独)、おたふく、みずぼうそう、ロタウイルス、インフルエンザについては、冬期のみ
接種しています。


肥満外来

※子供の肥満とメタボリック症候群を治そう!

子どもの肥満の70%は大人の肥満になります。大人の肥満はさまざまな合併症を引き起こします。
子どものあいだに直しておくことが重要です。
おへそまわりが大きくなると、内臓脂肪が増えていることを示します。
内臓脂肪の増加は動脈硬化の引き金になります。
子どもでも肥満度が50%を超えていたり、おへそのまわりが中学生で80cm以上、小学生で75cm以上、
または身長との比が0.5以上あったりする場合には注意が必要です。
さらに中性脂肪、血圧、血糖値なども高いと子どものメタボリック症候群の可能性があります。
メタボリック症候群は放置するとやがては動脈硬化を発症し、心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。


※子供のメタボリック症候群の診断基準
ウエスト周囲が中学生:80cm以上 小学生 75cm以上 又は、ウエスト/身長0.5以上


及び以下のうち2つ以上
1.中性脂肪 120mg/dL以上又はHDLコレステロール40mg/dL未満
2.血圧 収縮期血圧 125mmHg以上又は拡張期血圧70mmHg以上
3.空腹時血糖 100mg/dL以上


当院小児科の肥満外来では、肥満やメタボリック症候群の子どもの食事や運動の指導を行っています。
栄養士による栄養指導も受けることが出来ます。詳しくは小児科外来までお問い合わせください。

肥満教育入院について

◆予定期間

平成29年度の肥満教育入院の予定期間としては下記の通り、1クール4泊5日となります。

  • 7月24日(月)~7月28日(金)
  • 7月31日(月)~8月4日(金)
  • 8月7日(月)~8月11日(金)
  • 8月14日(月)~8月18日(金)
  • 8月21日(月)~8月25日(金)

原則1人1クール、定員は各週で4名前後を予定しています。

◆内容

規則正しい生活習慣を維持し、運動指導・栄養指導・レクリエーションなどを行います。運動指導に関しては、当院の理学療法士が中心となって行います。栄養指導に関しては、当院の管理栄養士が中心となり入院中の食事内容の調整や指導を行います。
また入院期間中に、食品模型を使用して実際の摂食状況及び理想的な食事バランスを確認し、個人の状態やご家庭の状況に応じた個別の栄養指導を行います。この食品模型を使用した栄養指導は入院期間中の木曜日の午後に行いますが、日程の変更ができませんので日程の調整をして頂くよう宜しくお願い致します。

◆申込期限

各入院日の2週間前まで

その他、詳細につきましては当院の小児科外来に午後2時から午後4時半までの間にご連絡ください。

対象疾患

喘息・アレルギー :喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー
腎臓 : 腎炎、ネフローゼ、尿路感染症、尿路奇形
神経 : てんかん、神経疾患
肥満 : 肥満
内分泌・夜尿症 : 低身長、夜尿症
心臓 : 先天性心疾患、川崎病など
乳幼児健診 : 後期健診、発達の遅れなど
発達障害 :学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能自閉症など

検査・検診について

CT、MRI、MRA、SPECT、各種シンチ、脳波、ABR、超音波(心臓、腹部)、
ホルター心電図、成長ホルモン負荷テスト、食物アレルギー負荷試験、
呼吸機能検査、心理発達検査(WISC III、KABC、新版K式など)など

治療実績

年間外来患者数は延べ約19,000人、年間入院数は延べ約6,300人、平均在院日数は平均約5.3日です。


外来診察担当医表

備考
午 前
(小児科)
坂東

☆柿下
澤田
岩本
☆村上※1
☆村上※2
中嶋※3
交代制
坂東

☆柿下
澤田
岩本
☆村上※1
午後予約
(小児科)
☆村上※4
坂東※5
左※5
石田※6
澤田※5,12
岩本※7
☆村上※1
中嶋※8
坂東※9

☆柿下
澤田※11
岩本※10
☆村上※1
予防接種
予約

受付時間:午前8時~午前11時 ※予防接種は予約制となっております。詳しくはお問合せください。
☆は女性です。
※1 発達~予約のみ  ※2 第1・3週  ※3 第2・4・5週  ※4 腎臓~予約のみ 第2・4週  ※5 喘息・アレルギー
※6 神経  ※7 肥満・夜尿~第2・3・4・5週
※8 発達~第2・3・4・5週  ※9 循環器  ※10 肥満・夜尿  ※11 乳児健診  ※12 1・3・4・5・週

がんセンター 緩和ケア セカンドオピニオン 機能評価認定 大阪府がん診療拠点病院 地域連携室だより 医療安全管理マニュアル 地域医療連携室 和泉市立病院 広報誌 健やかいずみ