消化器外科

患者さまへ

消化器外科では、①消化管(食道、胃、大腸)、肝胆膵(肝臓、胆嚢・胆管、膵臓)の各種癌、②虫垂炎、胆嚢炎、腸閉塞、消化管穿孔などの急性腹症、③ヘルニア(脱腸)、痔疾、外傷など良性疾患に対する手術治療を行っています。がん治療では、消化器内科、腫瘍内科、放射線治療科と連携し、診療指針(ガイドライン)に従った標準治療としての手術を確実、安全に行うよう努めており、手術の低侵襲化(身体への負担を低減すること)を目的に腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。良性疾患に対しても病状に応じた適切な手術治療をご提案します。

実績

手術実績については▶こちらをご覧ください。

主な対象疾患

食道癌、胃癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)、肝癌、膵癌、胆嚢癌などの消化器癌、
虫垂炎、胆嚢炎、絞扼生腸閉塞、憩室穿孔、潰瘍穿孔などの急性腹症
胆石、総胆管結石
鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア
痔疾(いぼ痔・切れ痔・痔瘻)
腹部外傷

このような症状の方を診察しています

検診や内科系診療科で癌と診断あるいは疑われた方
急性腹症と呼ばれる、急な腹痛で内科的治療では対応できない方
手術による診断(生検)が必要な方(リンパ節腫脹など)
ヘルニア(脱腸)、痔疾などで悩まれている方
外傷(整形外科・形成外科と連携します)