泌尿器科

患者さまへ

我々は泌尿器科疾患全般に対し幅広く対応いたします。 泌尿器科が取り扱う腫瘍は、腎臓、膀胱、前立腺、精巣などに発生したもので、診断から治療まで一貫して丁寧な医療を心掛けています。当院は最先端の放射線治療や腹腔鏡手術を取り入れ、手術を回避した温存治療や、痛みの少ない治療にも力を注いでいます。 一方で排尿障害をきたす前立腺肥大症や過活動膀胱などの疾患にも積極的に介入し、生活の質の向上をお手伝いします。 また腎臓移植の認定医師も勤務しており、腎移植を受けた患者さまの外来対応が可能です。 昨今の医療技術の進歩には目覚ましいものがあります。常に最新の方法を取り入れて、できる限り侵襲の少ない医療の提供に努めています。

主な対象疾患

腫瘍:腎癌、腎・尿管尿路上皮癌、膀胱癌、精巣癌、副腎腫瘍など
尿路結石:腎結石、尿管結石、膀胱結石など
排尿障害:前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱など
感染症:腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎など
腎不全:腎移植後

このような症状の方を診察しています

血尿(おしっこが赤くなった)

癌や結石が原因で起こります

排尿困難(おしっこが出にくい、おしっこに時間がかかる)

男性の場合は前立腺肥大が原因となることがほとんどです

頻尿・尿失禁(おしっこが近い、もれてしまう)

過活動膀胱などが原因で、女性にも多い症状です

排尿時痛(おしっこする時に痛い)

多くは感染症が原因です