看護部

副院長あいさつ

当センターは地域に密着した急性期病院です。
前身の和泉市立病院設立から55年経過し、市民病院としての役割をさらに充実させる必要性があると考えています。
地域住民の健康と生活を守り、「和泉市立総合医療センターがあるから安心して暮らしていける」と言って頂けるよう、病院職員が一丸となって患者サービスと医療技術の向上に努めています。

そして当院は公園の中に位置している緑あふれる病院です。
穏やかな風がそよぐような温もりのあるケアを一緒に届けていきましょう。

2018年10月 副院長 山上美恵子

看護部長あいさつ

当院は、和泉市を中心とした泉州北部の中核病院として、院内だけでなく地域医療との連携を密にしたチーム医療の充実を目指しています。
チーム内で看護師が専門職としての誇りをもち活躍できるよう、当院では自己の能力開発の機会を積極的にサポートしています。

また看護部では相手の立場を尊重した関わりを行い、患者さまに満足して頂ける安全で質の高い看護ケアを実践できる看護師を育成することを目標としています。

2018年10月 看護部長 川口いずみ

看護部の理念

私たちは、和泉市立総合医療センターの理念に基づき、やさしさと思いやりのある心で看護の実践に努めます。

基本方針

1. 患者さんに満足していただける安全で質の高い看護ケアを実践します。
2. 安心して医療を受けていただけるよう多職種との連携を図ります。
3. 相手の立場を尊重した関わりや、看護ができる看護職員を育成します。
4. 看護の質の向上のための教育を充実し、看護職員が専門職としての誇りを持てるように、自己の能力開発に努めます。

勤務体制
2交代制
日勤 : 8:30~17:00 夜勤 : 16:30~9:00
看護基準
7:1看護(H26、4/1)
4:1看護(H30、7/1現在)HCU
看護方式
固定チームナーシング・継続受け持ち制
看護記録
SOAP/看護診断

教育体制

一歩ずつ、着実に。継続的な教育で、誇れる看護を。

和泉市立総合医療センターでは、継続した院内教育・院外教育を実施。
多くの経験を通して自己の能力を拡大させ、一人ひとりの目標達成を支援します。
臨床実践能力の向上に向けて、5段階の“クリニカルラダー制”を導入し、明確な目標を自ら設定して、自己研鑽し続ける気持ちを持てるよう取り組んでおります。
当院は、患者さまに安全で質の高い医療を提供するため、一人ひとりのキャリアに合わせた教育によって、自信を持って看護を実施しています。

院内教育
・新人研修
・現任研修
・実地指導者研修
・伝達講習会
・トピックス研修
・院内認定看護師育成教育(がん化学療法)
・看護研究発表会
・e-ラーニング(ナーシングスキル、学研ナーシング)
院外教育
・看護協会主催の短期研修会
・学会・認定看護師教育課程
・実習指導者講習会
・看護管理者研修
・多施設研修(関連大学病院、徳洲会グループ)

認定看護師

看護職員に対する質の高い看護実践への支援を行うために、それぞれの専門領域において認定看護師が第1線で活躍しています。

1. 感染管理認定看護師
2. 皮膚・排泄ケア認定看護師
3. がん放射線療法看護認定看護師
4. がん化学療法看護認定看護師
5. 緩和ケア認定看護師
6. がん看護専門看護師
7. 在宅看護専門看護師
8. 認定看護管理者